イード、一元管理システム「TEMPOSTAR」提供のNHN SAVAWAYを買収 ECのトータルマーケティング支援を目指す

イードは6月22日開催の取締役会において、7月1日付(予定)でNHN SAVAWAYの全株式を取得し、子会社化することについて決議した。株式譲渡実行日にSAVAWAYの商号を「SAVAWAY株式会社」に変更する。NHN SAVAWAYは複数ネットショップの一元管理サービス「TEMPOSTAR」などを提供している。

イードグループはエンファクトリーが運営するECサイト「スタイルストア」、絵本ナビが展開する絵本や関連グッズのオンライン販売、ネットショップ総研によるECコンサルティング、ECシステムを提供する「marbleASP」などEC領域の事業展開を行っている。

既存のEC関連アセットにSAVAWAYのECサポート事業、「TEMPOSTAR」事業が加わることで、ECシステム、複数ECショップ管理、ECコンサルティング、ECサイト運営と、EC領域をより幅広くカバーでき、グループのメディア事業に並ぶ事業の柱としてEC関連事業を強化していく考えだ。

今後はネットショップ総研が持つECショップの収益化ノウハウと、SAVAWAYが持つ「TEMPOSTAR」の管理機能を掛け合わせることで、EC事業者様に対し効率的なECショップ運営とグロースをセットにしたECトータルマーケティング支援サービスの提供を目指す。