イタリア代表としてプレーするインシーニェ [写真]=Getty Images

 バルセロナは、ナポリに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェの獲得へ興味を抱いているようだ。20日付けでイタリアメディア『Football ITALIA』が伝えている。

 下部組織時代の2006年からナポリに所属しているインシーニェだが、現在は来シーズン終了時点までの現行契約を結んでいる模様。また、契約延長には未だ近づいていないと伝えられている。

 そして今回の報道によると、そんな同選手に対してバルセロナが獲得へ動く可能性があるようだ。移籍交渉に関して具体的な進展はないものの、同クラブはインシーニェの側近と連絡を取っているとのこと。獲得を見据え、情報収集を進めているという。

 今月30歳を迎えたインシーニェは今シーズン、ナポリで公式戦48試合に出場し19ゴール11アシストを記録。その活躍が評価され、現在開催中のEURO2020にもイタリア代表の一員として参戦している。

 ここまでFWセルヒオ・アグエロやFWメンフィス・デパイらの獲得を決め積極補強を見せる今夏のバルセロナだが、果たしてイタリア代表の“10番”も獲得するのだろうか。