カラコンブランドを展開するANW、中国最大の越境ECモール「天猫国際」に出店 「OvE」の販売開始、順次ブランド投入

カラーコンタクトレンズ事業を行うANWは6月18日、中国最大級の越境ECプラットフォーム「Tmall Global(天猫国際)」に「ANW海外旗艦店」をオープンし、D2Cコンタクトレンズブランド「OvE(オヴィ)」の取り扱いを開始した。海外販売における市場拡大を目指す。

ANWは、中国EC運営会社である美啦電商MCとの業務提携により、中国で人気のカラーコンタクトレンズブランド「envie」の旗艦店を2020年4月にオープンしており、2020年の中国最大級のEC商戦「独身の日」には、前年比約3倍以上の売上を達成した。

今回、中国最大級の越境ECプラットフォーム「Tmall Global(天猫国際)」に「ANW海外旗艦店」をオープンしたことで、「envie(アンヴィ)」に加え、「OvE(オヴィ)」、「VNTUS(ヴァニタス)」他、同社の持つ様々な人気カラーコンタクトレンズブランドの取り扱いが可能となり、順次販売を開始するとしている。

「ANW海外旗艦店」オープンとともに取り扱いを開始した「OvE」は、ヘア&メイクアップアーティストの中野明海氏と共同開発したD2Cコンタクトレンズブランド。繊細な色合いと、瞳の中に光を写り込ませるように左右非対称に配した独自のデザインが特徴で、コンタクトレンズ業界で初めて、レンズデザインでグッドデザイン賞を受賞。日本でも人気の本格D2Cブランドとなる。

ANWは今後も、積極的に海外販売における市場拡大を図っていく考えを示した。