“バブリーダンス”で一世を風靡、女優・伊原六花が高校卒業以来の本気ダンスを披露

“バブリーダンス”で一世を風靡した女優・伊原六花が公式YouTubeチャンネル「伊原六花のSTEP & GO」にて、自身初の踊ってみた企画に挑戦。「BLACKPINK」のキレキレのダンスを披露した。

伊原六花は、2017年に行われた「日本高校ダンス部選手権」にて“バブリーダンス”で話題になった大阪府立登美丘高校ダンス部のキャプテンとして注目を集め、高校卒業後の2018年より本格的に芸能活動を開始。

現在上演中のミュージカル『ロミオ&ジュリエット』ではジュリエット役に抜擢されるほか、バラエティ番組・ドラマ・映画への出演や、写真集、カレンダーの発売など、多岐にわたり活躍する注目度の高い若手女優だ。

2021年2月に公開した「【祝1万人突破】待望の!?ダンス企画、始動!」にて、登録者数1万人を突破した記念に、ダンス企画を行うことを発表。その際に「踊ってほしいもの(曲)があれば…リクエストお待ちしています!」と話すと、ファンや視聴者からは200件を超えるコメントが寄せられ、伊原の“本気ダンス”に期待の声が集まっていた。

今回、20日(日)17時より念願の“踊ってみた企画”を初公開。踊る曲は、リクエストの中から伊原が悩み抜いた結果、若い世代を中心に人気を集める韓国4人組グループ「BLACKPINK」の『LOVESICKGIRLS』を選曲。

黒のトップスから、絞り上げられた見事なボディラインを見せながら、早速踊り始める伊原。“バブリーダンス”のキャプテン時代を彷彿させる切れのあるダンスで表情は真剣そのもの。時折楽しさを噛み締めるようにイキイキとした笑顔も溢れる。本人が「久々にちゃんと踊りました!(高校を)卒業してぶりくらい」と話す渾身のダンスは必見だ。

【関連写真】グッと大人っぽさを増した伊原六花、グラビアカット