TTFC『ヨドンナ』あらすじ公開! 監督はやっぱり坂本浩一

東映特撮ファンクラブ(TTFC)で8月から配信されるオリジナル作品『ヨドンナ』のスタッフと追加キャストが発表された。

『ヨドンナ』は『魔進戦隊キラメイジャー』に登場した悪の女幹部ヨドンナを主役とするスピンオフ作品。スーパー戦隊の悪の幹部が主役となるスピンオフは本作が初となる。
ヨドンナはヨドンへイムのボス・ヨドン皇帝の秘書だったが、その正体はヨドン皇帝が作り出した皇帝の別人格であり、本人はそのことを知らなかった。

『ヨドンナ』の予告編が公開されるや否や、ファンの間では「監督は坂本浩一氏ではないか」と話題になったが、その予想通り、坂本浩一が監督を務める。
上映&限定配信中のVシネクスト『魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャー』から引き続いてのメガホンとなる。TTFCとしては『from Episode of スティンガー 宇宙戦隊キュウレンジャー ハイスクールウォーズ』、5月23日より配信開始されたばかりの『仮面ライダーセイバー×ゴースト』に続いて3作品目だ。

脚本は『魔進戦隊キラメイジャー』のエピソード11「時がクルリと」、エピソード16「マシュマロワイアル」、エピソード24「バンドしちゃうぞ!」、エピソード29「まぼろしのアタマルド」、エピソード35「マブシーナ放浪記」、エピソード38「叔父の月を見ている」を執筆した井上テテが担当。
TTFCで好評配信中の「シアターGロッソ『魔進戦隊キラメイジャーショーシリーズ第4弾』」では脚本・演出を手掛けたほか、TTFCオリジナル作品『仮面ライダーゼロワン ショートアニメ EVERYONE'S DAILY LIFE』『別冊 仮面ライダーセイバー 短編活動萬画集』では全話の脚本を担当している。

TTFCは「この二人が担当していて、面白くならないわけがない! 現在鋭意制作中ですが、1話あたりの尺もTTFCスピンオフ史上最長の予感……。質・量ともに自信をもってお届けできる作品になりそうです」とコメント。

合わせて公開されたあらすじでは、柿原さんの兄・章介も登場することが明かされた。敵役となるのはキラメイジャーでもヨドン軍でもなく、市井のやくざ口縄組となっている。

また追加キャストとして、そっくりさんタレントのジャッキーちゃんの参加も発表された。

>>>『ヨドンナ』関連画像を全部見る(画像3枚)

(C)東映特撮ファンクラブ (C)2020 テレビ朝日・東映AG・東映