高校生たちの大人顔負けな恋愛模様、『ゴシップ・ガール』リブート版トレーラー公開

マンハッタンのエリートたちのスキャンダラスな生活を描く大人気作ドラマ『ゴシップ・ガール』のリブート版トレーラーが公開された。

2021年7月8日よりHBO Maxで配信開始予定のリブート版『ゴシップ・ガール』。フランク・オーシャンの『Super Rich Kids』をBGMに描かれるリッチな高校生たちの世界観のトレーラーでは、新参者によって学校での序列を掻き乱される様子が公開されている。あらすじには「9年前、オリジナルの『ゴシップ・ガール』のウェブサイトは閉鎖された。その後、新しい世代の若いエリートたちが私立コンスタンス・ビラード学園を支配し始めたが、彼女らのスキャンダラスな生活を暴く新しいゴシップ・ガールが現れた」と書かれている。アップデートされた内容として、前作までは劇中に登場する情報サイトのブログ「ゴシップ・ガール」は、Instagramのアカウントとなっている。声の出演は前作同様、クリンスティン・ベルだ。

関連記事:映画『スクール・オブ・ロック』に子役で出演していたドラマー、交通事故死



HBO Maxは先月にシリーズのメインキャストを発表した。新たなキャストにはジョーダン・アレクサンダー、エリ・ブラウン、トーマス・ドハーティ、タヴィ・ゲヴィンソン、エミリー・アリン・リンド、エヴァン・モック、ザイオン・モレノ、ホイットニー・ピーク、サヴァンナ・リー・スミスらが名を連ねる。『ゴシップ・ガール』リブート版は、前作でも脚本、エグゼクティブ・プロデューサーを担当したジョシュア・サフランによる発案で、オリジナル版同様にセシリー・フォン・ジーゲザーによる小説が原作となっている。2007年から2012年にかけてCWテレビで放送された前作から9年後の世界を舞台にしている。前作でプロデューサーを務めたジョシュ・シュワルツ、ステファニー・サヴェージらもエグゼクティブ・プロデューサーとして今作に参加するようだ。

From: Gossip Girl Returns to the Upper East Side in New Trailer