鳥栖がオム・イェフンの負傷を発表

 サガン鳥栖は16日、韓国人GKオム・イェフンが左右脛骨疲労骨折で全治約4カ月と診断されたことをクラブ公式サイトで発表した。

 なお、クラブ公式サイトではオム・イェフンが15日に県内病院で手術を行い、無事に終了したことも併せて発表されている。

 現在18歳のオム・イェフンは、韓国の輔仁高等学校を卒業後、2021年4月1日に鳥栖への加入が発表されていた。今シーズンはいまだ公式戦の出場がない。