ストーリアX4から乗り換え「シャレードは独特のかたちをしているからね」個体の程度にひと目ぼれ|1979年式 ダイハツ シャレードクーペXT Vol.3

【1979年式 ダイハツ シャレードクーペXT Vol.3】

Vol.【2】から続く

 オーナーのもとに来てからは、ふだんの足として今も毎日の通勤に使っている。35年前の旧車ではあるが、何の遜色もなく走り続けている。

「とはいえ、新しいクルマのように乗りっぱなしというわけにはいかないので、純正の補用パーツがあるものは順番に交換しています。最近ではプラグコードやラジエーターキャップ、フィラーキャップなどを交換。テールランプのレンズも部品が出たので、取り換えました」

 長い運転歴の中で、オーナーは国産各メーカーのクルマを何台も乗り継いできたが、好きなメーカーはダイハツだという。地元ディーラーの営業所がいろいろ面倒を見てくれて、今年3月までの過去13年間、モータースポーツのベース車であるターボ4WD、ストーリアX4にワンオーナーで乗っていた。さらに家族のクルマとして軽自動車のムーブもあって、まさに筋金入りのダイハツ好きなのだ。

 シャレードクーペで一番気に入っているところを尋ねてみた。

「やっぱりマリンウインドかな。他のクルマにない、味わい深いかたちだね」

 ワインレッドのシャレードクーペを、オーナーは愛おしそうに眺めた。

OWNERS VOICE / 無理な運転をしないで、この先もいたわって維持したい  維持するうえで気をつけている点を尋ねてみたら、オーナーから「無理な運転はしないこと」との答えが返ってきた。旧車にとって、運転操作やメンテナンスなど、いたわりの気持ちを持つのはとても大切。今後はボディの塗装をしたいとのこと。「ボンネットとテールゲートの塗装がくたびれてきたので、バンパーも一緒にぜひきれいにしてやりたいと思っています」。まだまだシャレードクーペの現役生活が続きそうだ。

エンジンルームには、コンパクトなCB31型エンジンが横置きで収まるなど【写真13枚】

null

リアクオーターパネルにある「マリンウインド」がキュートなシャレードクーペ。標準の12インチから13インチにアップしたアルミホイールは、社外品を装着。

仮にマリンウインドがなくても、シャレードのサイドビューはデザイン的に成立すると思う。だが、あることで話題が生まれ、オーナーたちの思い入れが強くなれば、それは成功だったと言えるだろう。

1979年式 ダイハツ シャレードクーペXT(E-G10)

SPECIFICATION 諸元

全長 3530mm

全幅 1520mm

全高 1360mm

ホイールベース 2300mm

トレッド前/後 1300/1280mm

最低地上高 180mm

車両重量 650kg

乗車定員 5名

登坂能力 tanθ0.47

最小回転半径 4.7m

エンジン型式 CB31型

エンジン種類 水冷4サイクル直列3気筒SOHC

総排気量 993cc

ボア×ストローク 76×73mm

圧縮比 9.1:1

最高出力 60ps/5600rpm

最大トルク 8.2kg-m/3200rpm

変速機 前進4段フルシンクロ・後退1段

変速比 1速 3.666/2速 2.150/3速 1.464/4速 0.971/後退 3.529

最終減速比 4.277

燃料タンク容量 34ℓ

ステアリング形式 ラックアンドピニオン

サスペンション前/後 ストラット式コイルバネ/5リンク式コイルバネ

ブレーキ前/後 ブースター付ディスク/リーディングトレーリング

タイヤ前後とも 155SR13

発売当時価格 76.4万円