HKT48宮脇咲良 卒業ソングのMVが解禁、1期生8人の最後の共演シーンも【写真&動画】

6月19日(土)マリンメッセ福岡での卒業コンサートをもって、HKT48での約10年の活動に終止符を打つ、宮脇咲良の卒業ソング「思い出にするにはまだ早すぎる」MV Short ver.が、HKT48オフィシャルYouTubeチャンネルで公開された。

バスに乗りこみ車窓から見える博多の街を眺め、那珂川通りや福博であい橋、Pay Payドームといったゆかりの地をひとり歩くシーンでは、これまでの日々に想いを馳せるような宮脇の心情が描かれ、回想シーンとして過去のコンサートや劇場公演やオフショット映像なども盛り込まれている。

Short ver.では宮脇が西日本シティ銀行HKT48劇場の扉を開けるところで映像は終わっているが、他にも、HKT48の結成当初から共に支えあってきた、現在の1期生メンバー8名による最後のMV共演シーンなど、彼女の活動を見守ってきたファンにとって様々な想いが溢れるMVとなっている。

そして、この「思い出にするにはまだ早すぎる」の音源が、卒業コンサート終演後の6月19日(土)深夜24:00(6月20日0:00)に配信リリースされることも発表された。

また、このメモリアルソングの初披露も期待される、マリンメッセ福岡での卒業コンサートは、dTV、ZAIKO でも生配信されることが決定。『宮脇咲良 HKT48 卒業コンサート 〜Bouquet〜 特設サイト』からも申し込みが可能となっており、チケットを手にできなかったファンにとっては朗報だ。



【写真】現在の1期生メンバー8名による最後の共演シーンも、MV場面カット【5点】

【あわせて読む】元HKT48 森保まどか写真集が重版決定、お気に入りの白ビスチェカットが公開【写真10点】