「漁港の肉子ちゃん」公開記念舞台挨拶の様子。左からCocomi、花江夏樹、下野紘。

明石家さんまが企画・プロデュースを務める劇場アニメ「漁港の肉子ちゃん」の公開記念舞台挨拶が本日6月12日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、さんま、キクコ役のCocomi、二宮役の花江夏樹、マリア役の石井いづみ、トカゲとヤモリ役の下野紘、渡辺歩監督が登壇した。

西加奈子の同名小説を、STUDIO4℃制作で劇場アニメ化した「漁港の肉子ちゃん」は、漁港の船に住む共通点なしの母娘・肉子ちゃんとキクコを描くハートフルコメディ。この日のイベントは、ファンから募集した質問に答えるQ&Aのコーナーからスタートした。自身が演じた役との共通点という話題に、映画のラストシーンで本人役で出演しているというさんまが「大変やりやすかったです」と答えると、花江は「本人ですもんね(笑)」とツッコミを入れ、「台本に『面白いアドリブ』っていうト書きがありましたよね」と明かす。続くCocomiは「独り言が多いっていう点が似てるかなと」とキクコとの共通点を答え、「すっごい独り言が多い人です。1人でべらべらしゃべってて……はい」と恥ずかしそうだ。

花江が役との共通点を話そうとすると、下野が「変顔するとこですかね」と勝手に答え、花江は「変顔は……しないですね(笑)。見たこともないでしょ?」と苦笑い。「僕の何を知ってるんですか」という言う花江に、下野は「いろいろ知ってますよ」と返し、観客の笑いを誘う。花江が自身が演じた二宮について「僕も普段は声が小さいんですよ。二宮もキャラの中で一番声が小さいくらいボソボソしゃべるので、すごくやりやすかったですね。最近のマイクは性能がよくて助かりました(笑)」と語ると、さんまから「プロデューサーとしては炭治郎でやってほしかったけどね」と言われ、花江は「この世界には全然合わないですよ!」と反論。「合わなくてもいいからやって欲しかった」というさんまに、花江も「さんまさんの首を切ります(笑)」と切り返し、息のあったやり取りを見せる。

トカゲとヤモリを演じた下野は、役との共通点という話題に、少々困ったように「個人的には……トカゲかな?」と答える。そんな下野に対し、花江が楽しそうに「よく張り付いてますもんね」とコメントすると、「いやいや、張り付いてないよ」と否定する下野だったが、「トカゲのちょろちょろっと焦っている感じは似てるかも」と苦しまぎれに語る。さんまが「本当にこの役を引き受けていただいて感謝してます。もっと大きな役を与えなきゃいけないんですけど、『さんまのまんま』で『僕も出たい』って言われたのでこうなりました(笑)」と、下野へのオファーの経緯を明かすと、下野は「知人からは『さんまのまんま』で受かるんだ!って爆笑されました」と続けた。

さらに原作者の西からの手紙が代読される場面も。西の「『さんまのまんま』に出させていただいたとき、私はさんまさんのことを『輪廻転生の最終形態である』と表現しました。その気持ちは今も変わらないのですが、やはりさんまさんにはまた生まれ変わって、今度は肉子ちゃんのような女性になっていただきたいです」という言葉に、さんまは「素晴らしい。さすが西加奈子の手紙ですね。本当にありがたいと思っております。会えないのが非常に残念です」と述べた。イベントのラストには、鏡開きによって公開が祝われた。劇場アニメ「漁港の肉子ちゃん」は全国公開中。

(c)2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会