2021年5月18日に総務省統計局が発表した2020年の「家計調査報告(貯蓄・負債編)」による、二人以上世帯の平均貯蓄残高はいくらなのでしょうか? 詳しく見ていきましょう。

2021年5月18日に総務省統計局が発表した2020年の「家計調査報告(貯蓄・負債編)」の内容を詳しく見ていきましょう。

◆二人以上世帯の平均貯蓄額は1791万円で2年連続の増加
2020年5月18日に総務省統計局が発表した2020年の『家計調査報告(貯蓄・負債編)』によると、二人以上世帯の平均貯蓄残高は1791万円。前年の1755万円から36万円、2.1%増となりました。

平均貯蓄額は、多額の貯蓄がある一部の層によって数値が引き上げられるため、実感値とは開きがあります。そのため、貯蓄ゼロの世帯を除いた貯蓄保有世帯を、貯蓄額の低いほうから順番に並べたときに、ちょうど真ん中に位置する世帯の貯蓄額はいくらか、という「中央値」で見る必要があります。

今回の調査では、貯蓄保有世帯の貯蓄額の中央値は1061万円。前年の1033万円より28万円の増加。貯蓄ゼロの世帯も含めた中央値は1016万円で、同じく前年の967万円より49万円の増加という結果になっています。
貯蓄現在高の推移(二人以上の世帯)

◆勤労者世帯の平均貯蓄額は1378万円で2万円の増加
勤労者世帯のみ(高齢者など無職世帯、自営業・自由業世帯を除く)では、どうでしょうか。

平均貯蓄額は1378万円で、前年より2万円、0.1%の増加。貯蓄保有世帯の中央値は826万円で、前年から25万円の増加となりました。貯蓄ゼロの世帯を含めた中央値は782万円で、前年から31万円の増加という結果でした。

勤労者世帯の平均年収は740万円で、前年の736万円から4万円増加しています。
貯蓄現在高の推移(二人以上世帯のうち、勤労者世帯)

◆貯蓄の種類は通貨性預貯金が12年連続で増加している
貯蓄の種類を見ると、二人以上世帯全体も、勤労者世帯も、定期性預貯金が最も多くなっています。しかし、通貨性預貯金は12年連続で増加する一方、定期性預貯金の額は減少傾向にあり、超低金利の影響が長く続き、あえて定期預金に預け替えることなく、普通預金などに預けたまま、という状況であることがわかります。
貯蓄の種類別 貯蓄残高

◆貯蓄額が100万円に満たない世帯が10.1%も!
貯蓄残高の世帯分布を見てみましょう。
貯蓄現在高の世帯分布(二人以上の世帯)
分布図を見てもわかるように、平均値と中央値には、かなり開きがあります。二人以上の全世帯では貯蓄額3000万円以上の世帯が18.5%で、平均を押し上げる結果となっており、平均値以下の世帯が約3分の2を占めています。

◇勤労者世帯のみだと?
貯蓄現在高の世帯分布(二人以上世帯のうち、勤労者世帯)
勤労者世帯のみの分布図でも、考え方は同じです。3000万円以上の世帯が12.4%と多く、平均値以下の世帯が、やはり約3分の2を占めています。

ここで注目すべきなのは、貯蓄が100万円未満の世帯が、全世帯で10.1%(前年10.7%)、勤労者世帯で11.4%(前年12.4%)であるということです。いずれも、調査全体の1割以上の人が、貯蓄100万円未満というのは、かなり厳しい結果と言わざるをえません。

この調査は、全国から抽出した約6100世帯を対象にしたものですから、地域性や年齢、職種などさまざまな事情を考慮すると、また違った結果にもなるかもしれません。しかし全国での平均値や中央値を知ることで、今現在、自分が置かれている状況と比較し、無駄に悲観的になるのではなく、どうしたら貯蓄を増やせるのか、いくら貯蓄したほうがいいのかと、考える基準になるのではないでしょうか。

貯蓄100万円未満の世帯の中には、年齢の若い世帯も含まれ、なかなか貯蓄できない、という世帯もあるでしょう。しかし、ある一定の年齢になっても貯蓄が100万円に満たないという世帯は、収入が少なすぎるのか、支出が多すぎるのか、こうしたことを見直していく必要があるでしょう。

昨年から続く新型コロナウイルス感染症の影響で、減収になり、貯蓄を取り崩して生活を維持している世帯も少なくありません。今回の調査では、平均貯蓄額、中央値のいずれも前年より増加していますが、行動変容、自粛のために、支出が抑えられた結果とも言え、さらに特別定額給付金を使わず、そのまま貯蓄となっている世帯も少なくありません。

コロナ禍の収束が見通せない状況が続き、今後、経済的に大きな影響が出てくるでしょう。特に低所得者層の貯蓄減少は避けられないかもしれません。厳しい状況が続きますが、改めて、支出の見直しなど、家計防衛と向き合いながらも、貯蓄の意識だけは保っていきたいものです。

文:伊藤 加奈子(マネーガイド)

文=伊藤 加奈子(マネーガイド)