“第2のムツゴロウ”に任命!「上半身裸」で過ごす理由を、動物研究家・パンク町田が語る
お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。6月5日(土)放送のお客様は、動物研究家・パンク町田さん。ムツゴロウさんこと畑正憲さんから、“第2のムツゴロウ”を任命された町田さんが、上半身裸で過ごす理由を語りました。


パンク町田さん



今回のお客様は、1968年・東京生まれの動物研究家・パンク町田さん。人と動物における新しい可能性を研究するための施設「アルティメット・アニマル・シティ」代表のほか、NPO法人「生物行動進化研究センター」理事長、「アジア動物医療研究センター(日本ペット診療所)」センター長を務めており、昆虫から爬虫類、鳥類、猛獣といった、ありとあらゆる生物を扱う動物のスペシャリストです。

動物作家としても活躍し、世界中を探索した経験と、3,000種以上の飼育技術・治療の習得を生かした執筆は、ベストセラーを生み出す原動力となっています。また、鷹狩りの世界にも造詣が深く、鷹匠文化の知識や鷹を扱う技術にも秀でています。“ムツゴロウさん”の愛称を持つ動物研究家・随筆家の畑正憲さんからは、“ポスト・ムツゴロウ”に任命されています。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。6月5日(土)放送ゲスト:パンク町田さん


◆動物たちと上半身裸で接する理由

川島:はじめましてですが、いつもテレビで拝見しております。

町田:ありがとうございます。

川島:“いつも上半身裸で、動物に詳しい人”という印象を持っています。

町田:最近は服を着るケースが増えました。昔は、ほぼ着ていなかったのですが、従業員が増えたので、上半身裸だと不快な思いをさせてしまうかもしれないと思って。昔はコンビニに行くときも上半身裸でした。

川島:(笑)。上半身裸で過ごす意味はあるのですか?

町田:動物は洋服を着ないじゃないですか。いつも同じ格好です。動物同士の場合、形態を一度覚えればいいわけです。ところが人間の場合、服を着替えてしまうと、動物から“昨日とは別の人間が来た”って思われちゃうんです。

川島:なるほど!

町田:(動物に認識してもらえるように)いつも同じ格好をするという意味で、上半身裸で過ごしていました。動物園の飼育係も毎日同じ作業着を着ていますよね。

川島:ユニフォームがありますね。

町田:それなら“裸だったら着替える必要がないし、これが一番じゃないかな”と思って始めたことです。

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee /Spotify)も、ぜひチェックしてください!

次回6月12日(土)のお客様は、ゆりやんレトリィバァさんです。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/