ジョン・メイヤー最新MVに見る、ガンズ・アンド・ローゼズの名曲オマージュ

ジョン・メイヤーの新曲「Last Train Home」のMVを見て、アクセル・ローズがクネクネとダンスしながら映像に入る様子を想像するかもしれない。このMVはガンズ・アンド・ローゼズの1988年の名曲「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」のオマージュなのだ。

「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」と同様、「Last Train Home」のMVは撮影スタートを表すカチンコが映される所から始まる。私たちの見る映像は、ステージ上のアーティストたちが撮影の準備を行っている様子を映すカメラをさらに映しているものだ。撮影クルーたちはカメラを乗せた台車や照明を調整し、バンドメンバーたちはアンプにプラグを差し込む。その様子をさらにカメラが映している。このような映像はなぜだろうか、1980年代の空気を醸し出している。



妻で、共同作業者のハーパー・スミスと共にMVのディレクターを担当したキャメロン・ダディ(カントリーのファンなら彼がMidlandというバンドのベーシストなのはご存知だろう)は、「私たちは『もし、ジョン・メイヤーが1970年代に活躍したバンドの一員で、80年代になって初めてのソロ作品の映像を撮るならどうなるだろう?』というアイデアに賛成したのです」と語る。ダディによると、メイヤーは1980年代の流行を盛り込んだ新曲のMVに関する1枚のアイデア用紙を見せてきたという。「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」や、大きな括りで見るなら、エリック・クラプトンの「フォーエヴァー・マン」(1985)のような映像に自然と惹かれていたようだ。

ダディは「ガンズ・アンド・ローゼズの引用は、MVを撮影している様子を見るという、ある種のミックスト・メディアパフォーマンスみたいなものです。私たちがMV全盛期の時代を思い返すと、エリック・クラプトンのビデオではなく、まさにガンズ・アンド・ローゼズが浮かんできます。ガンズには、『ノーヴェンバー・レイン』や『スウィート・チャイルド・オブ・マイン』など、まさしく規範とも言えるものが多くあるんです」と、語る。


画像上部:ジョン・メイヤーのMV「Last Train Home」/ 画像下部:ガンズ・アンド・ローゼズのMV「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」

一方でダディは、ナイジェル・ディックによって撮影された「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」のMVを見たことがなかったと語る。オープニングのカチンコの映像に加え、メイヤーのMVにも撮影セット上に犬が映るシーンがある。「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」ではガンズ当時のギタリストであるイジー・ストラドリンの「Last Train Home」ではメイヤー自身の飼い犬が登場している。シンガーたちがプロデューサー(「Last Train Home」ではメイヤーの次作『Sob Rock』を担当するドン・ウォズ)と何らかのやりとりをしている傍ら、美しいモデルの女性がカメラを構える。そして薄くもやのかかったフィルターを通して、どちらのビデオも淡い夢のような色調で撮影されている。


画像上部:ジョン・メイヤーのMV「Last Train Home」/ 画像下部:ガンズ・アンド・ローゼズのMV「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」

ダディは「フィルターにソフトなエフェクトをかけ、今回のMVのようにカメラを動かすことはジョンのアイデアともよく合致していました。こうしたことで、細かいところに注意を促すような映画的な表現ができたと思います」と語る。もう一人の監督で妻であるハーパー・スミスは、本曲のバックコーラスを担当したカントリー・シンガーのマレン・モリスの登場シーンを撮影するためにナッシュヴィルまで出向いた。モリスはモニタースクリーン上でMVに登場しており、ここにも「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」へのオマージュが見て取れる。



ブルーノ・マーズの「Locked Out of Heaven」や「Uptown Funk」のMVでも監督を務めたダディは、メイヤーとバンドメンバーに対し、リアルを追求するために撮影の際にも実際にライブで演奏することを求めた。しかし、結果としてMVを印象づけたのは数十年前のまるで夢見心地な映像、アクセル・ローズとスラッシュへの数々のトリビュートだった。「今回のMVには1980年代の懐かしい空気感があります。それは暖かい毛布のようなものでしょう」とダディは語った。

From:Guns N Poses: How John Mayers New Video Nods to Sweet Child o Mine