ダニー・エルフマンが語るロックと映画音楽、ディストピア的世界観とノイバウテンへの共感

ダニー・エルフマンが2021年6月、37年ぶりとなるソロ・アルバム『Big Mess』を発表した。

『バットマン』(1989年)、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(1993年)、『ミッション・インポッシブル』(1996年)、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)、『ジャスティス・リーグ』(2017年)など数々のヒット作の映画音楽を手がけてきたダニーだが、かつてロック・バンド、オインゴ・ボインゴをリーダーとして成功に導いたことでも知られている。本作はロックと映画音楽をクロスオーヴァーさせながら、現代世界のダークなディストピアを描いた、精神的にヘヴィにのしかかる音楽性を提示するものだ。

『Big Mess』の黙示録的な世界観、そして全身刺青バリバリの佇まいに対して、ダニーは穏やかに、ユーモアを込めながら話す人物だ。ニュー・アルバム、そして彼のキャリアを彩ってきたさまざまな出来事について、初公開となる秘話を含めながら語ってもらおう。


Photo by Credit Jacob


自分の中にあった”猛毒”

―『Big Mess』は”とんでもない乱雑さ”を意味するタイトルに対して、完成度の高い曲の揃ったアルバムですね。

ダニー:そう言ってくれると嬉しいね。『Big Mess』の制作はとてつもなくクレイジーな作業だった。元々、ニュー・アルバムを作るつもりはなかったんだ。2020年4月、米国カリフォルニア州のコーチェラ・フェスティバルでライブをやるためにリハーサルしていて、久々のライブにすごくエキサイトしていたけど、延期~中止になってしまった。自宅待機に入ったとき、まだ指にはエレクトリック・ギターの感触があったよ。コーチェラでは私の過去の曲を主にプレイする形式だったけど、ロックとオーケストラを融合させた構成だった。そんな路線の音楽性で新曲を書いたらどうなるだろう?と考えたんだ。新型コロナウィルスのせいでずっと自宅にいたし、とにかく何曲か書こうと思った。そのパンドラの箱を開けてみたら、閉じることは不可能だったよ。とにかく書き続けて、アルバムが作られたんだ。

―コーチェラでのライブは「フロム・ボインゴ・トゥ・バットマン・アンド・ビヨンド!」と題して、あなたのキャリアを総括するものと言われていましたが、その時点で『Big Mess』からの曲も演奏予定だったのですか?

ダニー:うん、「Sorry」を演るつもりだった。実際にはその前年、2019年に書いた曲で、10分ぐらいのインストゥルメンタルだったけど、アルバム全体のサウンドのイメージはここから築かれていったんだ。タスマニアのダーク・モフォ・フェスティバルで初演することになっていて、バンドと女声コーラスと少人数オーケストラから成る曲だった。主催者たちに”チェンバー・パンク”と説明したのを覚えている。ただ、ライブをやるとなると1曲だけではなく、1時間分のセットリストが必要だろ? それで結局そのフェスには出演しなかった。その後、コーチェラへの出演オファーがあったとき、オインゴ・ボインゴや映画音楽などを交えながらやってみようと考えたんだ。そして「Sorry」に歌詞をつけることにした。それですべてが動き出したんだ。



―久々にロック/ポップの曲を書く作業はどのようなものでしたか?

ダニー:自分でも驚いたんだ。こんな”猛毒”が自分の中にあったってことにね。「Sorry」だけでは毒をぶちまけ足りなかったんで、さらに新曲を書き続けることにした。それが私のモティベーションだったんだ。「Happy」もコーチェラで演奏する予定で、ギリギリ最後に書いた曲だった。ライブの1曲目に「Sorry」、ラストに「Happy」をプレイするつもりだったんだ。この2曲で『Big Mess』のカラーが確定した。ヘヴィでクレイジーでシリアスで楽しい.....そんな要素が競い合い、次々と現れるアルバムにしたかった。6曲ぐらい書いた時点で、複数のアルバムを同時に作っている気分だったよ。1機の飛行機を2人のパイロットが操縦している感じかな(笑)。



オインゴ・ボインゴ時代と2021年の世界

―オインゴ・ボインゴ時代の「Insects」(邦題:昆虫性精神分裂症)をセルフカバーしたのには、どんな経緯があったのですか?

ダニー:コーチェラでプレイすることを前提に、新しいアレンジを加えたんだ。『Nothing To Fear』(邦題:オインゴ・ボインゴの謎 、1982年)からの昔の曲だけど、すっかり鮮度の高いサウンドになったよ。それでアルバム用にレコーディングすることにしたんだ。

―コーチェラでは他にどんな曲をプレイする予定だったのですか?

ダニー:「エイント・ディス・ザ・ライフ」、「グレイ・マター」、「オンリー・ア・ラッド」、「インサニティ」......決してグレイテスト・ヒッツ・ショーをやるつもりはなかった。アメリカのディストピア的な情景を描いた曲を中心にピックアップしたんだ。80年代当時、可能性は決して皆無ではなくとも絵空事に思えたことが、2021年にすべて現実になっていることに驚く。自分が恐れていたことすべてが実現したんだ。世界が陥った現状を、新旧の曲で表現したかった。




―「Choose Your Side」でドナルド・トランプ元大統領のスピーチをサンプルしたり、「Love in the Time of Covid」では”新型コロナウィルス下の恋愛”をテーマにしていますが、2021年という”時代”はどの程度意識しましたか?

ダニー:『Big Mess』では現代社会のコメンタリーと自分の意見をクロスオーバーさせたんだ。アルバムを完成させて気づいたのは、多くの曲を一人称で書いたことだった。オインゴ・ボインゴ時代の曲の大半はキャラクターの視点から書いたものだったんだ。2020年の初め、私はとてつもなく怒りとフラストレーションを感じていた。抑え切れずに、自分の内面を曝け出さずにいられなかったんだ。ただ、「Love in the Time of Covid」は例外だった。この曲は第三者の視点から描いたものだよ。小さなアパートに住む欲情した20歳の若者の視点から歌ったんだ。

―『Big Mess』はロック/ポップ・アルバムとしては『SO-LO』(1984年)から37年ぶりとなりますが、ストリングスなどが入ったり、従来のロックやポップとは一線を画しています。また、全18曲という長さも、オインゴ・ボインゴ時代のLPよりはるかに長いものですね。そんな相違点は、意図したものですか?

ダニー:ロックのアルバムを作るのは本当に久しぶりだったし、曲数も内容も、どこでストップすればいいか判らなかったんだ! 2020年4月にアルバム用の曲を書き始めて、当初は5、6曲ぐらい書けばいいと考えていた。でも、とにかく止まらなかったんだ。それで7月にマネージャーに連絡して「〆切がないと100曲ぐらい書いてしまうことになる」と言った。18曲ぐらいで一段落をつけたのは正解だった。それからレコード会社のA&R達に聴かせたけど、みんな驚いていたよ。その表情を見ることでかなり満足した。自分が音楽をやるのは、大勢の人を驚かせたいからというのが大きいんだ(笑)。良くも悪くも、相手の予想を裏切ることを狙っているよ。

―レコーディングの作業は映画音楽とはどのように異なりましたか?

ダニー:『Big Mess』の曲作りはきわめてシンプルだった。去年の大半をロサンゼルス郊外の家で過ごしたけど、マイク1本とエレクトリック・ギター1本、そしてコンピュータしかない小さな書斎で書いたんだ。でも、それが功を奏したと思う。かなり初期段階で決めたのは、きれいに洗練されたアルバムにしないということだった。ヴォーカルの大半はワン・マイクで録ったもので、後で直したりしなかったんだ。大抵ファースト・テイクがベストだからね。音程や技術的にはもっと良いテイクを録れて けど、最もフィーリングが込められているのはファースト・テイクなんだ。だから少しばかり音がズレていたりギターのチューニングがおかしくても、まあ仕方ないと考えた。それまでやったことのないチャレンジだったし、楽しかったよ。

ヘヴィでダークな音楽への愛情

―オインゴ・ボインゴ時代と較べて、あなたのヴォーカル・スタイルはどのように変化しましたか?

ダニー:80年代、オインゴ・ボインゴ時代にはすごく高い音域で歌っていた。ツアー中は毎晩、ショーの終わりになると声がかすれていた。それから長いあいだ、ヴォーカルを取っていなかったんだ。『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』コンサートで「ジャック・スケリントン」を歌ったりはしたけど、あれはかなり異なった歌い方だしね。だから今回自分で歌うにあたって、「どういう風に歌うんだっけ?」と、自分のヴォーカル・スタイルを再確認する必要があった。「True」をレコーディングするあたりから、そんな作業をすごく楽しむようになったよ。オインゴ・ボインゴ時代にはあれほど生々しい歌い方は出来なかった。現在の私の声帯は、かつての私の”楽器”とは異なるものだよ。




―『Big Mess』のレコーディング・メンバーはどのようにして選びましたか?

ダニー:最初に参加が決まったのはドラマーのジョシュ・フリーズだった。彼はセッション・ドラマーとして有名だけど、私とも何本かの映画音楽で共演したことがあった。ベーシストは当初クリス・チェイニーに声をかけたんだけど、ジェーンズ・アディクションとのツアーで忙しいというんで、代わりにスチュ・ブルックスを推薦してもらった。

―ジョシュ・フリーズとギタリストのロビン・フィンクは、共にナイン・インチ・ネイルズやガンズ・アンド・ローゼズに在籍したことがありますね。

ダニー:うん、誰がロビンを紹介してくれたのか覚えていないけど、彼が素晴らしいギタリストだということは知っていたし、会ってすぐに意気投合した。当初リズム・ギタリストは入れないつもりだったし、ロビンも「要らないんじゃない?」という感じだったけど、私のアシスタントがニリ・ブロッシュという女性ギタリストを勧めてきたんだ。彼女とオーディションして、その後ロビンに「どう思う?」と訊いたら、「いいね!」と言ってきた。それで彼女に入ってもらうことにして、バンドが完成したわけだ。

―ジョシュやロビンの参加、また「Kick Me」をデス・グリップスのザック・ヒルがリミックスするなど、ヘヴィな音楽性のミュージシャンとの交流がありますが、彼らの音楽は普段から聴いているのですか?

ダニー:うん、ナイン・インチ・ネイルズやトゥールの音楽は好きだし、プライベートでも聴いている。自宅待機中に、35年間ずっとやりかけだった刺青を完成させたんだけど、トゥールの『フィアー・イノキュラム』がなかったら完成させられなかっただろうね。あのアルバムは2019年のベスト・アルバムだったし、私の心の拠り所だったよ。だから世間の人たちが考える以上にヘヴィな音楽を聴いているかも知れない。80年代と較べると、よりヘヴィでダークな音楽に惹かれるようになったね。



Photo by Credit Jacob

―お気に入りのアーティストで、他に意外と言われそうな人はいますか?

ダニー:アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンが大好きなんだ。こないだ友達と話していたよ。「80年代にノイバウテンを聴いていなくて良かった。きっと影響されてしまって、オインゴ・ボインゴは存在しなかっただろうから」ってね(笑)。私はパーカッションが大好きなんだ。パーカッションを自作したりもする。オインゴ・ボインゴの前、ミスティック・ナイツというバンドをやっていたけど、自作パーカッションのメンバーが何人もいたんだよ。だから初めてノイバウテンを聴いたとき、かつて自分がやろうとしたことをよりラディカルな形で実現させていると感じたんだ。



映画音楽にまつわる秘話とポリシー

―ロック/ポップから映画音楽に移行するのは、どの程度難しいことでしたか?

ダニー:とてつもなく困難な作業だったよ! ”元バンド・ミュージシャン”として映画音楽に取り組むのではなく、映画音楽の作曲家として最初からリセットした。あらゆることを学び直したんだ。私は約10年間、オインゴ・ボインゴと映画音楽を並行してやろうとしてきたんだ。バンドとして活動しながら、映画2作のスコアを手がけようとした。どちらもおろそかにせず、あらゆることを学ぼうとして、気が休まる瞬間がなかったよ。でも、バンドでも映画スコアでも、自分自身を高めていきたかったんだ。

―あなたはポピュラー音楽のアーティストから映画音楽家に転向したコンポーザーの最初の1人ですが、あなたの後に映画音楽の世界に入ってきたトレント・レズナーやジャンキーXLについてはどう考えますか?

ダニー:トレントの音楽からは同じ意思を感じるね。私は90年代から映画音楽で何度となく「その部分、ナイン・インチ・ネイルズっぽく出来る?」「出来ないよ」というやり取りをしてきたんだ。だからトレント・レズナーが映画音楽の世界に来たとき、どうするのか興味があったんだ。トレントも私と同様、”ロック・ミュージシャン”の帽子を取って、新鮮なアプローチを取っていた。とても感銘を受けたよ。彼がアッティカス・ロスと一緒にやった映画音楽は、どれも素晴らしい。ジャンキーXLのことは、あまり判らないんだ。彼がロック時代にどんな音楽をやっていたのか、オーケストラ音楽のバックグラウンドがあるのか、知らない要素が多い。今、私がリスペクトしているのはジョニー・グリーンウッドなんだ。彼は自らのロック・バンドとはまったく異なったアングルから映画音楽にアプローチしている。「ああ、レディオヘッドのギタリストね」と思う瞬間はまったくない。それだけではない。私がトレントやジョニーを尊敬するのは、彼らが純粋に優れた作曲家だからだよ。彼らの音楽は、映画をより激しく、哀しく、楽しくしてくれるんだ。

―ちなみにコーチェラではあなたが書いた『シンプソンズ』のテーマ曲も演奏される予定でしたか?

ダニー:うん、新しいアレンジでやる予定だったんだ。きっとみんな驚いて、楽しんでくれたと思うよ。次のライブでプレイするとき、サプライズにしたいから、どんなアレンジかはネタバレしないけどね!

―『シンプソンズ』にはしばしばミュージシャンがゲスト出演していますが、先日の放送回でモリッシーが自己愛・肉食・レイシストとして描かれたエピソードについてどう思いますか?

ダニー:まだそのエピソードは見てないんだよ。見た人の話は聞いたけど、伝聞に過ぎないから、自分で見るまで何とも言えない。悪意を込めたギャグは『シンプソンズ』の定番だし、とにかく近いうちに見てみるよ。



―『バットマン』(1989年)でプリンスとの共作を拒んだ話は有名ですが、彼とはどんな交流がありましたか?

ダニー:いや、プリンスとは会ったこともないし、話したこともなかったよ。『バットマン』でオファーされたのは、プリンスが曲を書いて、私がそれをオーケストラ・アレンジする.....みたいな話だった。決してコラボレーションとかではなかったんだ。私はプリンスに多大な敬意を持っているし、共演だったら非常に興味があったけど、そうでなければあまり関心がなかった。それに自分の中では『バットマン』の映画音楽のイメージが固まっていたし、それを前進させたかった。それとは別の機会にプリンスと共演するのが夢だったけど、残念ながらそれは実現しなかったんだ。

―映画音楽を手がける際、あなたはジョン・ウィリアムズの『スーパーマン』やブラッド・フィーデルの『ターミネーター』など既存のテーマやモチーフを引用することに躊躇がないようですが、どのようなポリシーがありますか?

ダニー:あまりこだわりはないんだ。どうしても自分のオリジナル曲じゃなければ嫌だ!と固執することはない。『ジャスティス・リーグ』で『スーパーマン』のテーマを使ったり、『ミッション・インポッシブル』(1996年)でラロ・シフリンの『スパイ大作戦』のテーマを使うのは、私自身がファンだし、偉大なテーマ曲を受け継ぐことが出来て光栄だ。それに、名曲を自分なりに編曲するのは楽しい作業だよ。『スーパーマン』のテーマをダークにアレンジしたり、『スパイ大作戦』のテーマに和太鼓を加えたりね。



―ティム・バートンとの関係は『ピーウィーの大冒険』(1985年)から続いていますが、それだけ長続きするのは何故ですか?

ダニー:ティムが私を気に入っているのは、キュートだからだよ(笑)......いや、それは冗談だけどね! ティムの生み出す世界観は唯一無二でユニークだし、彼の作品で音楽を手がけるのは光栄だよ。プライベートでも付き合いが長くて、兄弟のような感じだ。最初から彼との感性はピッタリ合っていたし、これからも一緒に良い作品を作っていきたいね。

―なかなか今後のスケジュールを確定させるのは難しいと思いますが、どんな予定がありますか?

ダニー:私はワクチン接種を受けたし、これから積極的にツアーをやりたいと考えている。10月下旬にはハロウィン・コンサートをやる予定だ。それをきっかけに本格復活したいね。2022年には世界中でライブをやりたいんだ。元々、2020年に映画音楽の仕事を入れなかったのは、世界中でライブをやるつもりだったからね。4月にコーチェラが終わったら、その足でロンドンに行って、ヴァイオリン・コンチェルトのドレス・リハーサルに参加する予定だった。8月にロンドンの”プロムス”でプレミア上演することになっていたんだ。恒例の『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』コンサートもあったし、チェロ・コンチェルトを完成させたばかりだ。そのすべてが頓挫してしまった。2022年には、その幾つかでも復活させたいんだ。この秋、ライブ活動を再開出来るかは判らないけど、私はそれを信じているよ。そうしたら必ず日本にも戻る。もう何度も日本を訪れてきて、さまざまなインスピレーションを受けてきたんだ。2022年に予定しているコンサート企画のひとつでもふたつでもみっつでも、ぜひ日本で実現させたいね。



ダニー・エルフマン
『Big Mess』
発売中
視聴・購入:https://silentrade.lnk.to/bigmess09