メロンパン製の食べられるマスクを発売 人気店「Melon de melon」の協力をうけ高品質化

悟空のきもち THE LABOは6月10日、子どもだけの研究集団「悟空のきもち THE LABO」において、メロンパン製の食べられるマスク「マスクパン」を発売した。「パンの匂いをずっと嗅いでいたい」という夢から生まれた「マスクパン」は、メロンパンの名店「Melon de melon」の協力をうけ商品化した。

【<画像7点>メロンパン製「マスクパン」着用イメージ】

「悟空のきもち THE LABO」は、人気の頭専門の揉みほぐし店「悟空のきもち」の実験ブランドとして2021年1月に本格稼働した。12歳~21歳の子どもだけで研究を行うビジネス推進型こども会員制オンラインサロンとして、これまでに園芸用の花びら液や化粧水などを発売している。

このほど発売した「マスクパン」は、メロンパンに耳紐が付いた形状のマスクで、メロンパンの名店「Melon de melon」の協力を得て製作。「悟空のきもち THE LABO」に所属する19歳~20歳のパン好きの大学生が中心に開発を行い、「パンの匂いをずっと嗅いでいたい」という夢を叶えた世界初の食べられるマスクとなる。5個入り(マスク用の紐・紐通しが付属)で価格は1800円(税込)。販売場所は「悟空のきもち THE LABO」のWebサイト。



4月に実施したマスクの第3者試験機関 ユニチカガーメンテック研究所による製品性能試験によると「飛沫防止性能可視化試験」において メロンパンは、市販マスクと同等、それ以上の結果となりマスクとしての大きな可能性を示し、パン好きの夢をかなえる世界一幸せなマスクとして今回の発売に至ったとしている。

発表に先立ち、渋谷と秋葉原にて配布イベントを実施したところ、用意した200個の「マスクパン」が約10分で終了するなど大きな反響を得た。思わず笑いだす人たちに、感染対策としてメロンパンは人を幸せにすることに自信を深めたという。こんな時代でも、いつか未来で楽しく自慢したいという想いで発売するとし、みんなでメロンパンつけて笑いあう日本で、この時代を上書きをしたいとの願いを込めた。


「MaskPan」
https://the-labo.com/maskpan.html