もはやレゴとは思えない!? 強烈すぎるシアンの実物大レプリカ

アウトモビリ・ランボルギーニとLEGOグループが協同し、ランボルギーニ シアン FKP 37の実物大レプリカを製作した。昨年も4万ピースを使った1/8スケールモデルが発売されたが、今回の実物大モデルで使用されたピースはなんと40万ピース超。このプロジェクトのために特別に成型された20種を含む154種のブロックで造られている。総重量は2200kgで、シアンの寸法をミリ単位で完璧に再現したという。

【シートやステアリングホイールまでレゴブロックで!気になる内装も見る】(写真11点)

両社のコラボレーションは、デザイナー、エンジニア、テクニシャンの15名から成るチームが開発と綿密な組み立て作業に8660時間もの時間を費やして実現した。シャシーはシアンの実物と同じ長さ4980mm、幅2101mm、高さ1133mm。ランボルギーニのデザイン言語に必須の六角形に象られた専用パーツによりボディパネルが形成されている。

レゴブロックのみで組み立てられたライトとボディに沿って流れる稲妻のデザインに、実物のY字型のヘッドライトと六角形のテールライトが点灯、消灯する様子を反映した。コクピット内も必見だ。ランボルギーニのエンブレムとイタリア国旗をあしらったステアリングホイール、ダッシュボードのコントロール、レーシングシートがレゴブロックで細部まで再現されているのだ。さらに、塗装もアウトモビリ・ランボルギーニのペイントショップで行われたという凝りようで、シアンの強烈な個性が忠実に再現されている。

アウトモビリ・ランボルギーニのプレジデント兼CEOのステファン・ヴィンケルマン氏は次のようにコメントしている。「ランボルギーニは世界中の人々にとって夢であり、レゴも多くの人々に創造的なインスピレーションを与えてきました。このたびランボルギーニ シアンというユニークなモデルに関するコラボレーションで、ランボルギーニとレゴの両方のファンの皆様の想像力に訴えることができ、とてもうれしく思っています」