オリックス・山崎福也 (C) Kyodo News

○ オリックス 6 - 0 巨人 ●
<3回戦・京セラD大阪>

オリックスの先発・山崎福也が巨人打線を6回4安打無失点に抑えた。

 立ち上がりからテンポの良い投球で、3回まで巨人打線をノーヒットに抑える。

 MBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された『オリックス-巨人戦』で解説を務めた太田幸司氏は、立ち上がりの投球に「また宮城も放っているのかなというくらいの内容ですよ。すごいテンポが早いんですよ。ジャイアンツのバッターが構え遅れしているんですよ。球のキレもいいんですけど、構え遅れたぶんだけ差し込まれたりね」と評価。

 4回に先頭のウィーラーに初安打を許すと、一死後、岡本和真にも左安を浴び一、二塁とされたが中島宏之を三併に仕留める。6-0の6回にも二死満塁のピンチを招くも、スモークを三ゴロに打ち取った。

 降板後には「今日はボールの走り、コントロール、気持ち、全てが100点満点じゃないですか」と絶賛した。

(提供=MBSベースボールパーク)