「街の遊撃手」登場から1年後にイルムシャー登場。そして3年後に|1989年式 いすゞ ジェミニ ZZ ハンドリング バイ ロータス Vol.2|駆け抜けるテンロク

【1989年式 いすゞ ジェミニ ZZ ハンドリング バイ ロータス Vol.2】

Vol.【1】から続く

 その一方で、いすゞらしいスポーツグレードも健在。当初こそベーシックグレードのみのラインナップだったが、デビュー翌年の1986年には、ドイツのチューナーであるイルムシャーがサスペンションを手がけた「イルムシャー」が登場。そして1988年には、イギリスの名門スポーツカーメーカー、ロータスとのコラボモデル「ZZ ハンドリング・バイ・ロータス」がリリースされた。

 ここで登場するのは、後者のハンドリング バイ ロータス。イルムシャーがエアロパーツを装備してスポーティー色を前面に押し出しているのに対し、こちらは上質な欧州のスポーツカーテイストに仕立てたモデルで、ヨーロピアンテイストを極めることを最大のテーマとして開発された。

操作しやすいように配置されたクラスタースイッチが特徴のインパネなど【写真7枚】

Vol.【3】に続く

1989年式 いすゞ ジェミニ ZZ ハンドリング バイ ロータス(JT190)

SPECIFICATIONS 諸元

全長×全幅×全高(mm) 4070×1615×1365

ホイールベース(mm)  2400

トレッド前/後(mm) 1410/1390

車両重量(kg)  960

エンジン型式  4XE1型

エンジン種類 直列4気筒DOHC

総排気量(cc) 1588

ボア×ストローク(mm) 80.0×79.0

圧縮比 10.0:1

最高出力(ps/rpm) 135/7200

最大トルク(kg-m/rpm) 14.3/5600

変速比 1速3.727/2速2.043/3速1.448/

4速1.027/5速0.829/後退3.583

最終減速比 4.117

ステアリング ラック&ピニオン

サスペンション前/後 ストラット/コンパウンドクランク

ブレーキ前/後 ベンチレーテッドディスク/リーディングトレーリング

タイヤ 185/60R14(前後とも)

発売当時価格 157.3万円