ターボも4WDも付いてないけれど、スポーツ性能をより気軽に楽しめる1.6L DOHCのFFモデル|1987年式 マツダ ファミリア 3ドア ハッチバック GT Vol.2|駆け抜けるテンロク

【1987年式 マツダ ファミリア 3ドア ハッチバック GT Vol.2】

Vol.1から続く

 その基本性能の高さを裏付けるのが、1985年10月にリリースされた1.6L DOHCターボ+フルタイム4WDの存在。インタークーラー付きB6型ターボは140ps/19.0kg‐mとクラス最強のスペックだ。このパワーを路面に余すところなく伝えるフルタイム4WDは日本初採用という、最先端のメカニズムを搭載したスポーティーモデルだ。このパワートレインの実力は、世界ラリー選手権に参戦し、優勝も果たしたマツダ323が証明。高い基本性能を持つからこそ、このハイスペックモデルが誕生し、そのスポーツ性能はファンの心をつかんだ。

「実用域の60km/hが真上にあるので見やすい」とオーナーが語るゼロ指針が水平のメーターパネルなど【写真9枚】



 しかし、これほどのスペックを必要としないファンがいることも事実。そのためにマツダが用意したのが、スポーツ性能をより気軽に楽しめる自然吸気版のB6型エンジンを搭載した1.6L DOHCのFFモデルだ(前期型はスポルト16、後期型はGT)。



Vol.3に続く

1987年式 マツダ ファミリア 3ドア ハッチバック GT(BFMP)
SPECIFICATIONS 諸元
全長×全幅×全高(mm) 3990×1645×1390
ホイールベース(mm) 2400
トレッド前/後(mm) 1390/1415
車両重量(kg) 1010
エンジン型式 B6型
エンジン種類 直列4気筒DOHC
総排気量(cc) 1597
ボア×ストローク(mm) 78.0×83.6
圧縮比 9.4:1
最高出力(ps/rpm) 110/6500
最大トルク(kg-m/rpm) 13.5/4500
変速比 1速2.800/2速1.540/3速1.000/
4速0.700/後退2.333
最終減速比 3.700
ステアリング ラック&ピニオン
サスペンション ストラット(前後とも)
ブレーキ前 / 後 ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 185/60R14(前後とも)
発売当時価格 151.4万円