広島・大瀬良大地

◆ 4月9日以来39日ぶりの一軍マウンド

 ふくらはぎ痛で離脱していた広島の大瀬良大地が18日、東京ドームで行われた巨人戦で復帰登板。6回8安打3失点でなんとかゲームメイクしたものの今季初黒星(2勝1敗)を喫した。

 大瀬良は4回までゼロを並べるも、2点を先制した直後の5回に8番・炭谷銀仁朗、2番・ウィーラーに適時打を許すなど集中打を浴びて3失点。6回はゼロを刻んだが、逆転を許したまま降板し、大瀬良に今季初黒星が記録された。

 今季最多8安打を許した大瀬良の投球について、18日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた高木豊氏は「やっぱりゲーム勘ですよね。全体的には良かったんですけど、勝負球。カーブもいいんですけど真ん中に入ったら打たれる。久しぶりの登板で大瀬良にしては珍しい失投が散見された」と、1カ月ぶりの復帰戦で欠けていたポイントを指摘。

 また、同番組にスタジオ出演した齊藤明雄氏は「1回怪我をして休むと、ゲーム勘というものが全くなくなってしまう。調子が良いと思うとそのままいってしまう。変化球で緩急をつけてるつもりなんだけど、そのボールがストライクゾーンにいってしまう」と、投手が陥る“ゲーム勘不足”について解説。「ボールの扱い方をみるとゲーム勘がズレているのかなと思います。まあ1試合投げたら大丈夫だと思いますよ」と修正にはさほど時間がかからないとの見解を示していた。

 上位浮上へむけて、エースの復調は必要不可欠。次回登板は復帰勝利で完全復活を印象付けられるか。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』