DJ KOO

TVアニメ「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω」のゲストキャラクターとして、DJ KOOとMOTSUが登場。それぞれ本人が声をあてている。

テーマ曲を芹澤優ともに担当しているDJ KOOとMOTSU。2人は5月20日より順次放送される第7話に登場する。DJ KOOは「かなり魂込めて演じさせていただいたので、よろしくお願いDO DANCE!!」、MOTSUは「皆さまの邪魔にならないように細心の注意をはらって、『異世界魔王』の世界に溶け込めるよう、頑張りました!」と語った。

さらに第7話より登場するファルトラ市領主のガルフォード役を、第1期に引き続き大塚明夫が務めると明らかに。また同エピソードの先行カットと予告映像が公開された。なお第7話では、原作者のむらさきゆきやが脚本を手がけている。

「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」はゲームの世界に召喚されてしまった主人公・坂本拓真が魔王ディアヴロを演じ、強敵に立ち向かっていく異世界冒険譚。第2期「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω」は4月からTBS、BS-TBSにて放送されている。

DJ KOOコメント

なんと、DJ KOO初!声優にチャレンジ!
どこで登場するかはお楽しみに!
かなり魂込めて演じさせていただいたので、よろしくお願いDO DANCE!!

MOTSUコメント

我々の個性がアニメの世界観を台無しにしているんじゃないかと気が気でなかったのですが(笑)
皆さまの邪魔にならないように細心の注意をはらって、「異世界魔王」の世界に溶け込めるよう、頑張りました!