あの伝説のカラーリングを再現!ビスポークのマクラーレン720Sが公開

今週末のF1モナコGPで、マクラーレンのマシンがガルフカラーに彩られるというニュースを報じたが、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)が発表したばかりの、ガルフ・オイルのアイコニックなレーシングカラーに輝くビスポークのマクラーレン720Sも紹介しよう。

【限られた顧客だけがオーダーできる、カーガイ憧れのカスタマイズ】(写真10点)

マクラーレンとガルフが最初にパートナーとなったのは、1968~1973年のF1とCan-Amシリーズである。その関係は1990年代に復活し、GTCコンペティション・チームのマクラーレンF1 GTRは、1996年BPRグローバル耐久選手権を制したほか、1997年のル・マン24時間レースで GT1クラス優勝を果たすなど、伝説的な活躍を見せた。

そのパートナーシップが再開することが発表されたのは2020年夏のこと。今年からガルフがマクラーレン・オートモーティブの推奨潤滑油サプライヤーとなり、ガルフのオイルと燃料が全車両に搭載されることになった。今回のプロジェクトはその一環であり、マクラーレン・スーパーカーのパーソナライゼーションの可能性を示すものである。

MSOによるハンドペイントで、自分のマクラーレン車にガルフ・リバリーを施すチャンスは、限られた数のカスタマーだけに限定されている。公開された720Sは、MSOとガルフによる共同プロジェクトの集大成であり、完璧な色に配合したペイントをメタリック塗装とソリッド塗装で施し、両ブランドの確固たるアイデンティティが表現されている。

塗装には、MSOの熟練職人の手によっても20日を要するという。ブルーとオレンジのレーシングカラーに加え、ブレーキ・キャリパーもガルフのソリッド・オレンジが採用された。また、この720Sのビスポーク・インテリアには、同色のブルーとオレンジのステッチが施され、ヘッドレストには刺繍で、ドアシルにはペイントで、ガルフのロゴがあしらわれている。ステアリング・ホイールについても、エクステリアに合わせたガルフのソリッド・オレンジとソリッド・ダークブルーのストライプをセンターバンドとし、スポークはビジュアル・カーボンファイバーである。

マクラーレン・オートモーティブのマイク・フルーウィットCEOは以下のようにコメントしている。
「マクラーレン・オートモーティブは、わずか10年で先駆的スーパーカーメーカーとして不動の地位を確立しましたが、マクラーレン・ブランドには、それ以前から素晴らしい歴史があります。お客様が現代のマクラーレンにこの有名なリバリーを取り入れるのはとても楽しみです」

「ガルフ・カラーの720Sは、自動車とレースの歴史に深く根ざした 2つのハイパフォーマンス・ブランドが、世界中のお客様やファンの皆様を楽しませるため新たに始動させた戦略的パートナーシップを記念して誕生しました」

「このプロジェクトは、MSOの技術力を証明しています。最近も1990年代にレースで活躍したマクラーレンF1 GTR 25Rをフルレストアで蘇えらせました。この720Sでは、ガルフとの協力で当時を彷彿とさせるリバリーとインテリアが実現し、お客様が MSOの有能なチームと共に、ご自身のマクラーレンを幅広くパーソナライズできることを示しています」

また、ガルフ・オイル・インターナショナルのマイク・ジョーンズCEOもこうコメントした。
「ガルフとマクラーレンの関係は 1968年にまでさかのぼり、そのパートナーシップは傑出した成功と知名度を誇ります。720Sで、ガルフの名高いレーシングブルーとネオンオレンジのカラーリングを示すため、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズと協力できたことを誇らしく思います」

「マクラーレンは、未来への志や革新を追い求める野心を私たちと共有するブランドです。今後も長期にわたり、関係をさらに発展させていくことを楽しみにしています」