コーチの麻木夏陽子(馬場ふみか)

HiHi Jetsの井上瑞稀・高橋優斗・作間龍斗が主演を務めるドラマホリック!『DIVE!!』(テレビ東京系、毎週水曜24:00~)の第6話が、5月19日に放送される。

同ドラマは、水泳の飛び込み競技を題材とした、直木賞作家・森絵都による「DIVE!!」が原作で、所属するダイビングクラブの存続を懸けて、オリンピック出場を目指す中高生3人の成長を、熱く爽やかに描いていく青春物語。井上が演じるのは、気弱で周りに流されがちだが、敏腕コーチ・麻木夏陽子(馬場ふみか)にその才能を見初められ、いきなりオリンピックを目指すことになる坂井知季。作間が演じるのは、両親ともに五輪選手で、飛び込みの英才教育を受け、昔から勝つことをだけを目指してきた天才・富士谷要一。高橋は、ある思いを抱えながら、津軽の海でひとり潜り続けていた一匹狼・沖津飛沫を演じる。

第5話では、自信を喪失しかけた知季に対して夏陽子が、「ダイヤモンドの瞳。その目があれば、あなたは必ず4回半を飛べる。自分の力を信じなさい」と背中を押すシーンが話題に。インターネット上では、“ダイヤモンドの瞳”という台詞に対して、「瑞稀くんにぴったりすぎる」「本当に綺麗」「めっちゃ綺麗で力強くて瑞稀くんと重なる」との声が上がっていた。

<第6話あらすじ>
オリンピック強化選手を選ぶ選考会に臨んだ知季(井上)、要一(作間)、飛沫(高橋)。飛沫は豪快なダイブを決め、高得点をたたき出す。要一は完璧な演技で圧倒的に1位。要一以外の得点は団子状態で、知季は巻き返しを狙っていた。

ラストダイブを決めた飛沫は高得点を決めるが、持病の腰痛が悪化。激痛に顔をゆがめ、救護室に向かう。要一は海外のトップ選手でも決められない完璧な入水を決め、ぶっちぎりで優勝を決める。知季は逆転3位を狙い4回転半に挑むが……。