「Too BEAT」扉ページ

武論尊原作による吉田史朗の新連載「Too BEAT」が、本日5月17日発売のビッグコミック増刊6月17日号(小学館)でスタートした。

「Too BEAT」は東京・新宿で便利屋として働く鷲山と、刑事の大倉のもとに1人の少女が現れるところから始まる物語。なんでも引き受けてくれる便利屋だと聞きつけてその場にやって来た彼女は、鷲山に「拳銃を手に入れてほしい」と言い……。ビッグコミック初連載コンビによるハードボイルド活劇だ。

なお7月16日発売のビッグコミック8月17日増刊号では、さいとう・たかを「ゴルゴ13」シリーズの新連載が開幕。あの“協力者”を主人公に、シリーズ初となるスピンオフが展開される。