フジテレビジョン、番組販売ECシステム「JET」の運用開始 海外のテレビ局などへの番組販売をIT化

フジテレビジョン(以下:フジテレビ)は5月17日、従来は海外のバイヤーとメールで連絡を取りながら販売していたコンテンツを、オンライン上で簡単に販売できる番組販売ECシステム「JET(ジェット)」の運用を開始した。海外のテレビ局や映像配信プラットフォームへの番組販売ビジネスのIT化を図り、新たな商流の開拓を目指す。

このほど運用を開始した「JET」(Japan Entertainment TV programs market)は、フジテレビが持つ番組を海外のテレビ局や映像配信プラットフォームに販売するためのECシステムで、買い手は番組の下見から販売までをオンラインで完結できる。日本のテレビ局が今もっとも注力している分野の一つである海外ビジネス部門において、DX推進の一環となるシステムであり、日本のテレビ局として初の試み。

「JET」に会員登録した海外のバイヤーは、一般的なECサイトで商品を閲覧して購入するのと同じように、簡単に番組を購入することが可能。フジテレビのコンテンツのトレイラーを自由に下見でき、欲しい作品を選び、期間や地域などを入力するだけで、番組の購入から素材の受け渡し、請求書の発行まで全てを「JET」の中で行うことができる。言語は、英語、中国語(簡体字)を標準装備し、日本語にも対応する。

販売作品は、全話放送が終了し海外番販が可能となった最新作品「監察医 朝顔」「ルパンの娘」を筆頭に、「教場」や「コンフィデンスマンJP」、かつてアジアでも大ブームを巻き起こした「東京ラブストーリー」や「ロングバケーション」、海外でもリメイクされている「白い巨塔」など多数。バイヤーはドラマのジャンルや脚本家、監督などのキーワードから作品を検索できる。同システムは、グループ会社であるフジゲームスと共に開発しており、今後は過去に閲覧・契約した作品を元に、おすすめ作品や関連作品をバイヤーにAIで自動リコメンドする機能なども拡張予定だという。



フジテレビでは、グループ会社であるフジクリエイティブコーポレーションと共同で海外へのセールス行っているが、今回の「JET」の稼働により、これまでのマーケティング戦略を抜本的に見直し、海外のテレビ局やこの数年で急速に増加しているインターネット上の映像配信プラットフォーム事業者とのビジネスを強力に進めていく考え。大手プラットフォーマーに加え、これまでリーチすることの難しかった地域のバイヤーとも本システムを使いながらコミュニケーションを取り、新しいビジネスを開拓するとしている。

現在はフジテレビのコンテンツのみの扱いだが、2021年秋を目標に「セラーとして登録できる機能」を追加し、日本の他のテレビ局やアニメ会社、制作会社などさまざまなコンテンツホルダーが、「JET」を使って世界中のバイヤーに向けて自らのコンテンツをセールスできるようにするとしている。「映像コンテンツの総合ビジネス・プラットフォーム」として運営することで、国内のコンテンツ産業をさらに盛り上げ、日本のコンテンツホルダーが一丸となって世界に出ていく一助となればとの考えを示した。



「JET」の運用開始にあたり、フジテレビのコンテンツ事業部/海外ビジネス担当の東康之氏は、「この『JET』は、人々が『Amazon』や『ZOZOTOWN』で気軽に商品をチェックして購入できるように、世界中のバイヤーの皆様が自由にアクセスしてフジテレビの番組を購入できる、そんな新しい番販システムを作りたいと思い開発をスタートいたしました。同時に、この最新ITシステムを導入することにより、我々の今までのビジネススタイルを見直し、もっとシンプルで、もっと世界の隅々まで簡単に届くような新しいビジネススタイルを創造したいと考えました」と話す。

さらに「今、IT革命によって、世界中で新しい巨大映像配信プラットフォームが誕生しています。それは今まであまりお付き合いのなかった地域でも起こっています。このフジテレビの海外ビジネスにおけるDX推進によって、今までビジネスをしてきた世界のテレビ局や配信会社の皆様とともに、これらの新しいお客様とどんどんつながって、より大きなビジネスを狙っていきたいと思います。そしてこの『JET』を使って日々情報を世界に一斉発信し、日本のコンテンツをもっともっと世界に広げていきたいと考えています」とコメントした。