青山(中村倫也)、ぼっちゃん(宮世琉弥)

中村倫也が主演を務める『珈琲いかがでしょう』(テレビ東京系、毎週月曜23:06~)の第7話が、5月17日に放送される。

原作は、「凪のお暇」などで知られるコナリミサト著「珈琲いかがでしょう」(マッグガーデンコミックスEDENシリーズ)。移動珈琲店「たこ珈琲」を営む、主人公・青山が、街から街へ、行く先々で人生に少し傷ついた人たちの心を癒していく、優しくもほろ苦い人情群像劇。

前回の第6話では、青山は垣根志麻(夏帆)に、珈琲の世界に入るきっかけとなった“たこ爺さん”(光石研)との出会いを打ち明け、最終目的地であるたこの親戚宅へと車を走らせた。放送後、インターネット上では、「人生が変わる出会いって良いですね」「たこ爺さんの言葉が優しくて温かくて泣けた」といった声があがっていた。

<第7話あらすじ>
青山一(中村)は、ようやくたこ(光石)の親戚宅の前にたどり着くが、あと一歩のところで暴力団組長の三代目・ぼっちゃん(宮世琉弥)に拘束されてしまう。ワゴン車に連れ込まれ、ベテラン幹部・夕張(鶴見辰吾)の運転でどこかへ移動中、ぼっちゃんは青山が面倒を見てくれた幼い頃のことを振り返り始める。

当時10歳だったぼっちゃん(長野蒼大)の面倒を見ることになった青山は、ぼっちゃんが学校でいじめられていることに気づく。給食に出てくるコーヒー牛乳もいつも取り上げられてしまい、一度も飲んだことがないという。父親がヤクザの二代目(内田朝陽)であることを武器にすればと助言するが、ぼっちゃんはヤクザが大嫌いだと一蹴。自分の力でクラスの底辺から脱出するため、いつかコーヒー牛乳を飲むため、毎日苦手な逆上がりの自主練をしていた。そんなぼっちゃんの覚悟を知った青山は、逆上がりの練習に付き合うように。

さらに組の抗争によって連れ去られそうになった時には颯爽と救い出し、眠れない夜にはコンデンスミルクをたっぷり入れたコーヒー牛乳で喜ばせた。次第にぼっちゃんにとって、二代目がかまってくれない寂しさを埋めてくれる青山が、強くてかっこいいキャラクター“とらモン”のような存在となっていく。

「ずっとそばにいる」という約束も交わすが、その直後、約束を裏切る出来事が起きる――。