「幽霊お悩み相談室1 見える、聞こえる、とり憑かれる?」

鈴木マナツがイラストを担当した高木敦史による小説「幽霊お悩み相談室1 見える、聞こえる、とり憑かれる?」が、本日5月15日にポプラ社の児童文庫レーベル・キミノベルから発売された。

「幽霊お悩み相談室」は、オカルトとミステリーを題材にしたドタバタストーリー。幽霊が見える夏目海琉、幽霊の声が聞こえるという謎の転校生・鹿耳貴久、幽霊にとり憑かれやすい鳥手月子という中途半端な霊能力を持つ少年少女が、悩みを抱えた幽霊たちを相手にする”幽霊お悩み相談室“として活動する。