ゆとり世代と他の世代の違いとは

ゆとり世代は、ほかの世代と比較されることが多いです。簡単に違いをみていきましょう。

  • ゆとり世代と他の世代を比較! 違いを見てみよう

    ゆとり世代はプレッシャー世代などほかの世代と比較されることがよくあります

さとり世代との違い

さとり世代とは、バブル経済崩壊後の1990年代に生まれた世代です。ゆとり世代と少し重なります。小さい頃から不景気だった影響から、浪費や高望みをしない点や、ほどほどの穏やかな暮らしを望むなど、さとりきったような生き方をすることが「さとり世代」と呼ばれる由来です。

プレッシャー世代との違い

プレッシャー世代とは、ゆとり世代と氷河期世代の間の1982年〜1987年頃に生まれた世代で、若くして世界で活躍する人が多いなど、プレッシャーに強いのが特徴です。打たれ弱いといわれるゆとり世代とよく比較されます。

しらけ世代との違い

しらけ世代は、1955年前後に生まれた、現在経営者や管理職、定年間近な人に多い世代です。無気力で、物ごとにしらけた態度をとることから名付けられていて、ゆとり世代やさとり世代と似た特徴があるといわれることがあります。

ゆとり世代の特徴を理解して接しましょう

「ゆとり世代」と呼ばれている理由は、個性を尊重して落ちこぼれをなくす「ゆとり教育」が行われた世代だからです。その影響からか、協調性に乏しくメンタルが弱いなどのデメリットがクローズアップされています。一方、長所は素直で真面目かつ、自由な発想が得意なことです。

さまざまな世代が集うビジネスシーンにおいて、ゆとり世代の特徴を理解し、仕事を円滑に進めるようにしましょう。