カクヤス、お酒とつまみのECモールを7月開設 費用は販売手数料5%のみ、コロナ禍の酒蔵を応援

カクヤスはこのほど、お酒とつまみに特化したモール型専門通販サイト「カクベツ」を7月にオープンすると発表した。コロナ禍において厳しい状況下にある日本の酒蔵を応援し、酒類業界の活性化への貢献を目指す。

2021年7月にオープン予定のお酒とつまみに特化したモール型専門通販サイト「カクベツ」は、酒蔵が一般の消費者に直接商品を販売するためのプラットフォーム。145万人の会員を持つ同社のECサイト「なんでも酒やカクヤス」とアカウント連携を行い、送客を図る。初期費用、月額費用は不要で利用可能で、出店する酒蔵が負担する手数料は発生した売上金額のみが対象。手数料率は5%(クレジットカード手数料込み)となる。

サイト名の「カクベツ」には、お酒とつまみで「格別(カクベツ)」なひとときを過ごしてほしいという想いを込めた。酒蔵のある地域にはそのお酒に合う地域自慢の食材も豊富だとし、そのような食材も今後取り扱いをしていくという。

新型コロナウイルス感染拡大による飲食店の時短要請、酒類提供禁止などの影響で、酒蔵、並びに酒類業界は非常に厳しい状況下ある。こうしたなか、酒蔵を応援し、日本の酒類業界活性化に貢献したいという想いから、カクヤスグループ創業100周年プロジェクトの一環として「カクベツ」をオープンするとしている。酒蔵を応援しつつ、お酒好きな人々に「酒蔵の想いやこだわり」も感じながら個性的なお酒を味わってもらえるような、酒蔵とお酒好きな人々の橋渡しするサイトを目指す。

今後は、酒蔵・食材業者の出店拡大を図る。また将来的には、海外への販路拡大も視野に入れ、酒類業界のさらなる売上拡大に繋げていきたいとしている。