サトウコタロー(川原瑛都)、青田(間宮祥太朗)

関ジャニ∞の横山裕が主演を務めるドラマ『コタローは1人暮らし』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)の第4話が、5月15日に放送される。

本作は、累計部数100万部突破の人気同名コミック(津村マミ/小学館)を映像化したハートフル・コメディ。子連れ入居禁止のアパートで自堕落な日々を送る売れない漫画家・狩野進(横山)の隣の部屋に、何やら訳ありな1人暮らしの5歳児・さとうコタロー(川原瑛都)が引っ越してくる。大人びた言動の裏に隠されたコタローの過去が少しずつ明らかになると共に、風変りなアパートの住人たちとの交流が描かれる。

前回放送された第3話では、幼稚園に送迎してくれる狩野と、お弁当作りを手伝ってくれる秋友美月(山本舞香)に恩返しをしようとするコタローの優しさと、コタローの悲しい過去が垣間見えるストーリーが展開。インターネット上では、「小さい保護者かわいい」「コタローくんが健気で泣ける」「よいこ過ぎて切ない」「ホッコリしつつポロッと泣ける」などのコメントが寄せられた。

<第4話あらすじ>
売れない漫画家・狩野進(横山)と1人暮らしの5歳児・さとうコタロー(川原)が通い詰めている銭湯に行くと、故障のため休業……。“しばらく風呂に入れなくてもどうってことない”とお気楽な狩野の隣で、コタローはショックのあまりフリーズしてしまう。

翌日、コタローは自分を溺愛し、会うたびに頬ずりしたがる田丸勇(生瀬勝久)だけでなく、なぜか狩野や美月(山本)とも距離を置き始める。狩野は、そんな突然のコタローの変わり身を不思議に思うのだが……?

一方、幼稚園では毎年恒例の「こどもまつり」が開催されることになり、保護者会が行われる。初めて1人で大仕事を担当することになった新任教諭・花輪景介(西畑大吾)は、集まった保護者に協力を願い出るのだが、みんな逃げ腰で困り果ててしまう。すると、コタローの保護者として出席していた狩野が「俺1人でも大丈夫です」と手を挙げる。その後、感謝の気持ちを伝えにきた花輪から、いつもみんなの真ん中にいるコタローが今日はずっと1人だったと聞いた狩野は、ますますその行動に疑問を感じ始める。

狩野は、アパートを訪ねて来た弁護士・小林綾乃(百田夏菜子)に、コタローの振る舞いを相談するのだが……?

そんな中、アパートに新しい住人・青田学(間宮祥太朗)が引っ越してくる。