FAKY、浅川梨奈

浅川梨奈と飯島寛騎がW主演を務める『悪魔とラブソング』(全8話)が、6月19日(土)からHuluで全話一挙独占配信。このほど、世界が注目する多国籍メンバー5人組の次世代ガールズ・ユニオンFAKYの「Take my hand」が主題歌に決定。さらに、ドラマのオープニング映像が解禁された。

女子のバイブル的存在として人気を誇る集英社の少女マンガ誌「マーガレット」とHuluがタッグを組み、不朽のマーガレット作品を継続的に連続ドラマ化&Huluにて独占配信される珠玉の恋愛ドラマシリーズ「マーガレット Love Stories」。『悪魔とラブソング』は、配信中のドラマ『マイルノビッチ』に続く第2弾となる。原作は、「マーガレット」にて2007年~2011年に掲載された少女コミック「悪魔とラブソング」(桃森ミヨシ・著/集英社マーガレットコミックス刊)。美しい歌声と美貌を持ちながらも、言葉を飾らず常に本音を話してしまうがゆえに、周囲から孤立し、「悪魔」と呼ばれている主人公・可愛マリア(浅川)が、転校を機に目黒伸(飯島)らと出会い、自分にも友達にも本気で向き合うことを避けてきた同級生たちの偽だらけの日常をぶち壊す音楽青春群像劇。

解禁となったオープニング映像で、姿を覆い隠すようなスモークの後ろから現れるのは、W主演を務める可愛マリア役の浅川、目黒伸役の飯島、そして、神田優介役の奥野壮。加えて、小野花梨や山之内すずらも登場し、注目の若手キャストが演じる個性的なキャラクターたちが、互いにぶつかり合いながらも、歌やピアノなど音楽を通じて徐々に心を通わせていく様子が描かれている。さらには、マリアと目黒のキュンシーンも初お披露目となった。

そんなオープニング映像の見どころのひとつでもあり、今回、合わせて解禁となった、本作の主題歌FAKYによる主題歌「Take my hand」は、メンバーのLil’ Fang (リルファング)が作詞した書き下ろし楽曲で、傷つきながらも仲間と支え合い前に進む登場人物たちの姿を表現している。「たった1人で戦うなら、せめて傍にいられないかな?」の歌詞にあるように、まっすぐすぎるがゆえに周囲から孤立してしまうマリア、無関心を装い、人を遠ざけてしまう目黒、不器用に思い合う2人の気持ちや、ドラマの内容に寄り添いながら、一歩踏み出す勇気をくれる楽曲になっている。

作詞を担当したLil' Fangは、「元々、原作のファンであったため、今回主題歌をつとめることができてとても光栄です。『悪魔とラブソング』は登場人物が、色んなものを抱えながら、自分らしさであったり、居場所を見つけていくところがすごく印象的だったので、主人公たちを応援する気持ちで“手を取り合って”という意味を込め、『Take my hand』をかかせて頂きました。ドラマを通じて多くの人の心の支えとなる曲になったら嬉しいです」とコメント。

本ドラマの大野哲哉プロデューサーは、今回のFAKYの起用について、「数年前からFAKYさんの楽曲は、よく聴いていました。特に『Who We Are』という楽曲は、自分にとってのパワーソングになっていました。『悪魔とラブソング』の実写ドラマ化を準備していた時に、主題歌は、FAKYさんしか考えられないと、オファーする前から自分の中では決まっていました。それは“一人で立つことを恐れない強い思い”を歌っているFAKYさんの楽曲のテーマが、ドラマで描きたいテーマと全く一致していたからです。最初の打ち合わせで『Take my hand』を聴かせていただいたのですが、監督をはじめ、同席していたスタッフ、満場一致で『この曲しかない!』と即決しました。監督は楽曲にほれ込んで、撮影カメラマンや主要スタッフにすぐに共有しました。結果として、『悪魔とラブソング』の映像は、楽曲の雰囲気に相当な影響を受けましたね。映像と音楽のマッチングをぜひお楽しみください」とコメントした。

<あらすじ>                         
県でトップクラスのカトリック系高校・カトリア女子学院をとある事情で退学になった美少女・可愛マリア(浅川)。彼女は共学校の十塚南高校に転校するが、まっすぐすぎる性格がゆえ、思ったままを言葉にし、周囲の反感をかい孤立してしまう。

誰にも理解されない中で、唯一歌うことだけで自分を元気づけたり感情を表したりしてきた。しかし、クラスメイトの目黒伸(飯島)や神田優介(奥野)たちと関わるうち、少しずつ周囲との関係やマリア自身にも変化が訪れ……。

さらには、マリアの“悪魔のような”核心をついた言動が、平和に見えた同級生たちの日常を揺さぶり始める。目黒が抱えるピアノに対するコンプレックス、それぞれの嘘、トラウマ、虚勢、うわべだけの友情……素直に生きられないクラスメイトたちの赤裸々な感情が見え始める。

そんな中、クラスで合唱コンクールへの参加の話が持ち上がる。