バイデン大統領、米医療システムにおける「性別」を性自認と包括する方針に再転換

バイデン大統領は米現地時間2021年5月10日、オバマ大統領期の性的マイノリティの人々に対する医療システムの保護を復活させることを発表した。

今回の方針は、トランプ前大統領期における出生時の性別を「性」として登録し、性自認に基づく医療行為において差別を認めるような政策を反転することを目的にしている。トランプ前大統領期は、こうした政策は施行される前に裁判所により違憲と認められ、効力を持たなかった。

バイデン大統領による今回の方針転換は、本質的にはオバマ時代の性的マイノリティの人々に対する医療機関における保護を復活させるものとなる見通しだ。オバマケアにおいて、「性別」は性自認と性的指向を包括するものとして定義されたが、この定義に基づく方針転換になるようだ。

関連記事:『キャプテン・アメリカ』史上初、同性愛者のヒーローが仲間入り


合衆国保健福祉省長官のハビエル・べセラは、今回の変更に関する声明の中で「昨年最高裁において6対3で決定された、性的マイノリティの人々は性自認と性的指向に基づき職業における差別から連邦政府により守られる」という規定を引用している。この決定は、保健福祉局公民権課が性的マイノリティとカテゴライズされる人々からの差別事案の報告を精査することを可能にするものでもある。

べセラは「最高裁判所は、人々は性別により決して差別されず、個人の性自認や性的指向に関わらず法の下に平等な処置を受ける権利を持つことを明らかにしました。従って本日、これからの保険福祉省は差別の報告に対処することを宣言しました。LGBTQを含むすべての人間は、今後一切の差別や干渉なく医療行為を受けることができるべきなのです」と、語っている。

また、アメリカ自由人権協会(ACLU)もこの決定を称賛している。 ACLUによるLGBTQとHIVに関するプロジェクトとトランス・ジャスティスのディレクターを務める弁護士のチェイス・ストランジオは「州議会により攻撃されていたトランスジェンダーの若者たちへの医療にとって、LGBTQの人々への医療から差別を排除する今回の動きは決定的なものです。バイデン政権は、裁判所がこれまで何十年も訴え続けてきたことをついに認めました。LGBTQの人々への差別は法に反するということです。また、トランスジェンダーの人々がこれまでずっと唱え続けてきた、ジェンダーアファーミングケアはその人の命を救う医療行為であるということも認められることになります」と語った。

アウト・アンド・イコール・ワークプレイス・アドヴォケイツの代表であるErin Uritusは今回の変更を称賛すると同時に、議会に対しこれらの保護法が今後二度と変更されることのないようにすることを求めている。Uritusは「バイデン大統領がこの不条理を終わらせてくれたことに非常に感謝しています。彼がLGBTQのコミュニティのために立ち上がってくれていることの一つの証明となるでしょう。しかし、まだ十分ではありません。私たちは、今後の政権が私たちの権利を二度と奪ってしまわないように、議会が各種の法律を試行するところを見届ける必要があります」と語った。

From:HHS Reverses Trump-Era Policy, Restores Transgender Health Care Protections