『ゲッターロボ アーク』内田雄馬×石川英郎ゲッター魂継承トーク!

4月17日(土)、アニメ『ゲッターロボ アーク』初となるトークイベントがオンライン配信で開催。本作主役・流拓馬を演じる内田雄馬さん、『真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日』ほかで主役・流竜馬を演じた石川英郎さん、さらに本作のキャラクターデザインを担当する本橋秀之さん、全OVA版に携わり本作ではアニメーションプロデューサーを務める南喜長さんが登場、「ゲッターロボ・サーガ」最終章待望のアニメ化となる本作の見どころや期待が熱く語られた。

イベント終了後、改めて内田雄馬さんと石川英郎さんに改めて『ゲッターロボ アーク』の魅力について伺うことができた。平成~令和へと熱気が受け継がれる、熱きゲッター「親子」トークをお楽しみください!

――内田さんはこれまでもいろいろなロボットアニメに出演されていますが、『ゲッターロボ アーク』というのはやはり違った印象がありますか?

内田 『ゲッターロボ アーク』自体がそもそも2000年代頭の作品なので、それもあったのかなと思います。これまでのシリーズで培われてきた雰囲気は懐かしい感じがして、個人的にはすごく新鮮に捉えられるものなので、そういう部分が新しい作品作りに繋がっているのかなと思います。

――作品から伝わる熱気も、また毛色が違うというか。

内田 そうですね、台本は勿論、現場も非常にエネルギッシュなので。収録時のパワー消費量はこれまでの仕事の中でもトップクラスですね(笑)。既に声を張るシーンが多いですし、今後体力づくりが重要になってくるかも知れません。

――何か特別なことはされているんですか。

内田 週3でジムに通ってます。あとはダンスレッスンも……。

石川 凄いね! 年取って思うのは、大切なのは金と筋肉!

内田 (笑)。本当ですか?

石川 皆言ってますよ。

内田 そうですか、じゃあ筋肉をパワーアップさせて収録を終えるのを目指します!

――では石川さん、今回「ゲッターロボ」シリーズが復活すると聞いた時、どう思われましたか。

石川 最初にそれを知ったのは、皆さんと同じだと思いますが、ネットニュースです(笑)。ビックリしましたよ、言葉は悪いかもしれませんが「令和の世にあの暑苦しいゲッターロボが!? ウソじゃないの?」と思ったんですが、本当だったんですね。僕が参加したゲッターロボは平成初期のもので、しかも昭和のロボットアニメの流れにあるものだと思っていたので。それがまた令和に受け継がれるなんて……本当にゲッターは凄いなって思います。

――当時のアフレコのことは覚えていらっしゃいますか?

石川 もう20数年前のことですが……よく覚えていますよ。一番印象深かったのは、第2話の収録時、「チェンジ、ゲッター1!」というセリフがあったんですが、台本を見ると6ページにわたってそれが書かれていたんですよ(笑)。監督に「どうやればいいんですか?」と訊ねると「お任せします」と言われて、「あ、多分俺、今から戦うのに、戦う前に死ぬんだな」と(笑)。実際、他にも「ゲッタービーム!」とか叫ぶところが数多くあるんですが、その時目の前が真っ白になって、フワーッと倒れそうになったんです。まあ、人生でそれだけ叫ぶこともないですし……結果としては良かったんじゃないですか(笑)?

(C)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所



――ゲッターチームは三位一体、ということでカムイ役・向野存麿さん、山岸獏役・寸石和弘さんとのアフレコ現場でのチームワークはいかがですか。

内田 2話まで収録しているんですが(取材当時)、そこはまだまだ出せるなって感じはします(笑)。向野君が19歳でしかも初現場、寸石さんと同じ事務所ということで、二人の間では良き先輩・後輩のやり取りがあります。なので僕は異分子的なパワーを出して(現場を)引っ張っていくようなムードを出せればいいなと思っているんですけれど……以前なら休憩時間があってその時に交流を深めることができたんですが、今は収録が終わるとすぐ他のキャストの方と交代しなくてはいけないので、とにかく芝居の中で関係値を高めていくしかないかな、と。今はまだキャラの交流も少ないですが、ここからの展開でお互いの熱量を高めていけたらなと思っています。そもそもの物語の熱量が凄いので、それさえ共有出来たら(他の二人とも)いい関係が築けるんじゃないか、と思っています。

――2話だと、まだ3人の関係も微妙な位置にありますものね。

内田 そうなんです。拓馬と獏は旧知の仲なんですが、そこにカムイが入ってくる感じなので。しかも、早乙女研究所の中も拓馬は異分子としてかき回していくわけです。自分としては、そういう部分を今は楽しんでいる感じです。

――内田さんが目指す流拓馬像とは、どういうものになるでしょうか。

内田 ゲッターロボのシリーズが長く続く中に自分が参加させて頂くことがビックリですし、光栄と共に大きなものを背負わなきゃいけないという覚悟も感じました。石川さんたちのお話をお聞きして、過去の作品の熱量は今の自分の現場にも引き継がれている、と思っています。その熱量を凝縮して放っていくことが『ゲッターロボ アーク』の使命であるということで、僕がやるべきことは粉骨砕身して頑張る、ということで(笑)。拓馬は様々な決断や選択で物語を動かしていくので、脚本をしっかり読みこんでその気持ちを掴んで演じられればいいな、と思っています。

――石川さんから内田さんへ伝えたいエールのようなものはありますでしょうか。

石川 いやあ……「頑張ってね」としか言いようがなくて(笑)。でも、最近の作品、叫ぶもの多くないですか?

内田 あー、ありますね。

石川 こういう状況だと個人でアフレコ収録することも多くなっていて、ずっと一人で叫んでいると喉の負担になるので、そこは気をつけて頂きたいですね。さっきチームワークの話もありましたけれど、僕の時は周りがベテランばかりで「ハイ、ついて行きます!」という感じだったんですけれど(笑)、新しいチームと新しい作品で新しいストーリーを描いていくのは素晴らしいことだと思うので、頑張ってください。

――お二人はキャラクター的には親子ということになるんですが、今日が初対面?

内田 そうですね。

石川 どこかですれ違っているのかもしれませんけれども……。だいぶ前に原作も読んだんですが、拓馬は竜馬のことをほとんど覚えていないですよね。だから、ちょうどいいんじゃないですかね?

内田 (笑)。確かに!

――では最後に、御二人から見た「ゲッターロボ」シリーズの魅力を語って頂けますか。

内田 当時のゲッターロボって、三機合体という部分も含めて、巨大ロボットものの新しい形だったと思うんです。この時代にまたゲッターロボをやるというのは、また新しいものを生み出すパワーを感じられるんじゃないかと思います。3人団結してひとつの力になって戦う、というスタイルも、今の時代の人たちに大きな力を与えてくれるんじゃないかと思います。

石川 ……ということです(笑)。いわゆるゲッターの魅力を(内田さんが)わかってもらえているなら、もう間違いないです。僕にとっても小さい頃から大好きな作品なので、いつの時代でもゲッターロボはヒーローであってほしいなと思います。

>>>内田雄馬さん、石川英郎さんの写真、『ゲッターロボ アーク』PVカットを見る(写真12点)

(C)永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所