​キューサイ、初のペット用サプリ「プラスごはん」発売 「関節」「免疫力」「お腹」に寄り添う3種をラインアップ

キューサイは5月10日、ペット向けサプリメント商品「プラスごはん」を発売した。愛犬・愛猫の「関節」「免疫力」「お腹」の3つの悩みに寄り添うサプリメントで、同社の主力商品「ひざサポートコラーゲン」と同じコラーゲンを使用。いつまでも一緒に愛犬・愛猫と過ごしたい、元気に遊びたいと願う飼い主のニーズに応える。

「プラスごはん」は、同社初となるペット向けサプリメント。発売から17年となる自社の主力商品「ひざサポートコラーゲン」と同じコラーゲンを使用し、犬用・猫用それぞれに「関節の健康サポート」「免疫力の健康サポート」「お腹の健康サポート」の3タイプがラインアップする。「関節の健康サポート」にはグルコサミンやコンドロイチン、「免疫力の健康サポート」にはプロポリスやアガリクス、「お腹の健康サポート」には植物発酵エキスや乳酸菌EC12などの成分を配合しており、価格は各3300円(税込)。



犬用はチキン味、猫用はカツオ味と、好みの味付けを採用。ドライフードやウェットフードに混ぜたり、ふりかけたりできる粉末タイプとなっており、トッピング感覚でいつもの食事にプラスして、手軽においしく健康維持ができるとしている。販売には専用ダイヤルを設け、電話にて注文を受け付ける。「食べてくれるか心配」という人のため、気軽に試せる初回半額キャンペーンを期間限定で実施する。

キューサイは、「生きるを、しなやかに。」をコーポレートスローガンに、健康・健康寿命の延伸・QOL(Quality of Lifeの略:生活の質)の向上に貢献すべく提供する商品やサービスの領域を広げてきた。ペット関連市場が年々伸長する中、かけがえのない家族の一員であるペットの健康維持に寄与し、顧客のさらなるQOLの向上にも繋がればとの考えから、ペット向けサプリメント「プラスごはん」の開発に至ったとしている。ペットも人間と同様に、年齢を重ねることでトラブルが増えてくることから、長年研究を重ねてきた「コラーゲン」の知見を活かし、家族と一緒に元気に遊べる毎日をサポートするとしている。

「プラスごはん」の発売にあたり、松山ほうじょう動物クリニックの三好紀彰院長は、「自然環境で長い間生活してきた犬や猫にとって、今の飼育や食餌の環境は必ずしも良いことだけではありません。また、犬種や猫種によって、ひざ関節の不調などのトラブルが起こりやすいともいわれており、場合によってはペットの体に大きな負担がかかることもあります。大事に至らないためには飼い主さまがペットのサインに気づき、健康維持に努めることが重要であり、信頼できるサプリメントの活用も選択肢のひとつといえます」とコメントした。



キューサイは現在、愛犬のこころを読みとくデバイス「イヌパシー」を開発・販売するラングレスと、ペット向けサプリメントの共同開発に取り組んでおり、サプリメントを食べて犬が喜んでいるかの評価を行い、商品開発に活かしていく予定としている。また「プラスごはん」シリーズのラインナップの拡充も企画していきたいの考えを示した。