真宮亮(小関裕太)、九条瑠璃(栗山千明)

栗山千明が主演を務める水ドラ25『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』(テレビ東京系、毎週水曜25:10~)の第6話が、5月12日に放送される。

本作は、栗山が演じる見た目“百戦錬磨”風、なのに実際は彼氏いない歴15年の超ド級の恋愛初心者・九条瑠璃と、笑顔の下に本音を隠した年下王子・真宮亮(小関裕太)の嘘から始まる、トキメキ必至のオリジナルラブコメディ。

第5話の放送後、亮の意中の相手が立花エリカ(堀田茜)だと思った瑠璃は、亮を避けるように。2人のすれ違いにつぐすれ違いに対し、心苦しくなる視聴者が多くいたようで、インターネット上には「来週まで待てません」「今週はすれ違いが苦しかった」といったコメントが上がっていた。

<第6話あらすじ>
亮(小関)に、恋愛指導を終わりにして今まで通り上司と部下に戻ろう、と告げた瑠璃(栗山)。泣きそうになるのを堪えながら走り去り、家に駆け込む。玄関に座り込んで顔を上げた目線の先には、本棚にある少女漫画の「今日、恋を始めます」。

「はじまる前に、終わっちゃった」と瑠璃がつぶやくと後ろから「勝手に終わらせないでください」と声が。ハッと振り返ると、そこには亮の姿が!

瑠璃の後を追いかけてきた亮から衝撃の告白が……。果たして2人の恋の行方は!?