小西桜子、桐山漣

桐山漣さんが主演、小西桜子さんがヒロインを務めるドラマ特区『ラブファントム』(MBS、毎週木曜24:59~ほか)が、5月13日よりスタートします。

「プチコミック」(小学館)で連載中の大人気コミックを実写化した本作は、「怪人」と呼ばれるほど優秀なエリートホテルマン・長谷慧(桐山さん)と、不器用でピュアなホテルカフェ店員・平沢百々子(小西さん)による、キスから始まる“秘密の恋”を描くラブストーリー。

回を追うごとに甘さが増していくキスシーンも見どころとなる本作について、「制作陣のこだわりがすごい」と声を揃えるおふたり。役作りから撮影の裏側まで、じっくりとお話を聞きました。

――原作や台本を読んだ感想を教えてください。

桐山:開始早々キスシーンがあって、その後も1話につき2~3回はキスをしていたので、こういった作品は後にも先にもないだろうなと。今の時代に、すごく攻めた作品になっていくだろうなと思いましたね。30代半ばに入って、王道系ラブストーリーの主人公役はもうないだろうと思っていたので、すごく新鮮な気持ちになりました。

小西:王道のラブストーリーで、すごく甘くて。百々子の純粋さやまっすぐさには共感できましたし、大人の女性にも楽しんでもらえるような作品だと思いました。

――百々子は、実際の小西さんと重なるところが多いですか?

小西:百々子ほどのピュアさはないので(笑)、憧れますね。芯が通っていて、ひとつの事に対して、考えるよりも行動に移せるところが魅力的だなと思いました。

桐山:僕もあんまり人のことを言えないんですけど、小西さんのちょっと抜けているところは、百々子に似ていると思いました(笑)。

――撮影中にエピソードがあったのでしょうか?

桐山:本当に人のことを言えないんですけど、忘れ物をするんですね。撮影が後半になるに従って小西さんも忘れ物が目立つようになってきて、「なんだ、一緒かも」と思って安心しました(笑)。

小西:私はいつも現場で一番のポンコツキャラなんですけど、(チラッと桐山を見つつ)それを上回る……ポンコツという意味ではなくて(笑)、桐山さんもおっちょこちょいな部分があって。

桐山:おーいっ(笑)。でも、今回は泊まりロケが多かったんですけど、撮影が終わってホテルに戻る時に何かしら忘れそうになってしまうことは日常茶飯事でしたね(笑)。

――長谷は38歳、百々子は22歳と年齢差がありますが、小西さんは作品を通じて、年上の男性の魅力についてどう感じましたか?

小西:やっぱり落ち着きがあるし、大人の男性のクールでかっこいい部分と、ふたりになった時の包容力。安心して身を委ねられるような安心感が、魅力だと思いました。

――桐山さんは、年下の女性についていかがですか?

桐山:百々子も小西さんもそうですけど、ちょっと抜けていて憎めないようなところに、親近感が湧くというか。つい、それにつられて自分も自然体になってしまうところはありますよね。僕は人見知りなんですけど、撮影2、3日目にはもう普通に話しかけていました(笑)。心を開くというか、打ち解けるのは早かったと思います。

――桐山さんと小西さんの実年齢も15歳離れていますが、撮影現場ではジェネレーションギャップを感じることはありましたか?

桐山:小西さんは、僕が高校生とか中学生くらいの時に聴いていたバンドのことに詳しくて、逆に僕がいい曲を教えてもらうくらい(笑)。好きな音楽が似ているので、「このバンドいいですよ」と教えてくれて、音楽の話をしている時はすごく楽しかったですね。

小西:桐山さんが自然体で接してくれたので、私も年齢差を感じませんでした。それこそ音楽のことも詳しいですし、私も昔の音楽がすごく好きなので、楽しくお話させてもらいました。

――今回は、キスシーンがとても多いそうですね。

桐山:監督が、フリを付けるように「こういうふうにして」と僕らに指示してくれていたので、激しめのキスから軽めのキスまで、色々なバリエーションでやらせていただきました。あとはキスシーンの撮り方というか、映像がすごく綺麗なので、監督や技術チームにすごく感謝していますね。みなさんに支えてもらって、みなさんの力をお借りして、撮影できたんじゃないかなと思います。

小西:監督、撮影部さん、照明部さんの「本気でいいキスシーンを作ろう」という熱意がすごくて。桐山さんともお話をしながら、どうすればみなさんに「いいキスシーンだな」と思ってもらえるかなと考えて、楽しみながらやらせてもらいました。

――今作を通して、新たな気づきになったようなものはありますか?

桐山:過去にもキスシーンが多い作品をやらせてもらったことはあったんですけど、それをはるかに超える分量だったので、ひとつの軸が崩れたような(笑)。内容というよりは、世界観が突き抜けている感じですね。こういうテイストのドラマは他にもあると思うけど、美しく綺麗に魅せることに監督や制作チームがすごくこだわっていました。『ラブファントム』は『ラブファントム』。他と比べるというより、新しいジャンルのように思います。

小西:撮影が2020年の夏だったので、当時はドラマでヒロインをやらせてもらうのも初めてでしたし、ドラマの洗礼を受けたというか、初めてのことだらけでした。でも、その後いろいろなドラマに出させていただいて、「あんなに熱量が高くて、何テイクも撮るっていうのは、すごく珍しいんだな」と気づいたんです。恋愛も人間ドラマも詰まっているので、本当に『ラブファントム』で経験させてもらったことが全部活きています。お芝居も一から指導していただいたので、「今の私がいるのは『ラブファントム』のおかげかな」と思うくらいです。

――では最後に、視聴者へのメッセージをお願いします。

桐山:キスから始まるラブストーリー、しかも原作ファンがたくさんいらっしゃる作品ということで、僕自身、初めは長谷を演じるのに不安があったんですが、監督、小西さん、スタッフさんやキャストさんに支えられて終えることができたので、周りの方々に本当に感謝しています。(撮影をした)あの夏は忘れることがない、というくらいの作品になりました。みんなの思いがひとつになった作品なので、見ている方にも作品に対する熱量が伝わるといいなと思います。

小西:原作は甘々で大人のラブストーリーだし、たくさんの方が愛している作品なので、プレッシャーもありました。でも、スタッフさん、共演のみなさんと、本当に「みなさんに届けたい」という気持ちで、いろいろなことを考えながら撮影させていただきました。今、この時代に「あぁ、いいな」と改めて思ってもらえるような、まっすぐで、たまにクスッと笑えるところもある王道のラブストーリーなので、楽しんでもらえたら嬉しいです。

(取材・文:勝浦阿津希)

桐山漣
スタイリスト:吉田ナオキ  ヘアメイク:江夏智也
◆衣装協力:LANVIN en Bleu(ジョイックスコーポレーション 03-5213-2510)、AUI NITE
050-1564-2462、wjk 03-6418-6314

小西桜子
スタイリスト:阪上秀平  ヘアメイク:石邑麻由