PSGと契約を延長したネイマール [写真]=Getty Images

 バルセロナは、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールの復帰を画策していたようだ。8日、カタルーニャのラジオ局『RAC 1』が報じた。

『RAC 1』によると、ネイマール復帰の実現を目指していたバルセロナは、1ヵ月前に使者をパリへと派遣。ネイマールの将来の計画を知るために、同選手と丸一日過ごしたという。この際、ネイマールはバルセロナの関係者に対し、「PSGのプロジェクトに納得しておらず、バルサに戻りたい」という願望を伝えていたという。

 しかし、ネイマールは8日、PSGとの契約を2025年6月30日まで延長。『RAC 1』によると、バルセロナの理事会はネイマールに「利用された」と感じており、同選手の態度に怒りや失望を示しているという。また、同選手の獲得が非現実的となったバルセロナは、今夏の移籍市場に向けて新たな補強候補を探しているようだ。

 ネイマールは2017年夏、史上最高額の移籍金2億2000万ユーロ(当時レートで約290億円)でバルセロナからPSGに完全移籍。以前から何度もバルセロナへの復帰が噂されていたが、パリで悲願のチャンピオンズリーグ優勝を目指すことになった。