マツコ・デラックス、もう中学生

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。5月8日の放送には、現在、プチブレイク中のピン芸人・もう中学生が出演する。

段ボールを使ったネタで話題になり一時ブレイクするも長続きせず、仕事がほとんど無くなってしまった時期もあったもう中。しかし、昨年『有吉の壁』などでセンスが爆発! 仕事が急増し、再注目を浴びているという魅惑の“もう中ワールド”の原点に迫る。

この日のゲストを聞いたマツコは「もう大変ですよ。一言でいうと“ヤバい人”です。一時期テレビにバァ~って出てた頃、何でテレビマン達は気づかなかったんだろう」とマツコならではの最大級の“賛辞”で、今注目していることを告白。中継を繋ぎ、年齢を聞いてみると「29の9個上の38歳です」と、いきなり独特の言い回しをするもう中学生に「3秒に1回は訪れる恐怖ね……。素晴らしいわね本当に。(昔)ネタを見ただけでは判断つかなかったわよね」と“もう中ワールド”を体感する。

また、38歳の謎に包まれたプライベートにも切り込む。独身のもう中に恋愛について聞くと「いつも長続きしなくて『恋愛をしてていいのか?』と思う」と本音を吐露。するとマツコも「アタシね、ちょっと似てるトコ、あるのよ。あたしもそういうコト(恋愛)なしで生きてきたの。(恋愛すると)手に入れられるモノも手に入れられなくなるんじゃないか……みたいな。だから、わかるんだよね」と共感。

幼少期のエピソードでは、石に名前を付けて遊んでいた話などが飛び出す。「そういうことがもう中ちゃんを形成したと言っていいのか?」と思わずマツコが困惑し、頭を抱える場面も。

後半はこの日のために用意したという、もう中オリジナルの「もち・うるちゲーム」や「素顔を見ようゲーム」などを体験したマツコは、「斬新すぎるのよ!! そのお笑いの方向性が」と終始驚きっぱなしで……。

前回は「マツコを圧倒したクリエイターたちのその後SP」と題し放送。兄が妹を愛しすぎる、兄妹動画クリエーターおおしま兄妹などが出演した。