皮膚科医・友利新が教える、老若男女共通「美肌のためにやってはいけない3つのこと」とは?
乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(だれはな)」。5月6日(木)の放送では、みんなの“美容ルール”をシェアしました。


友利新さん(右)とパーソナリティの山崎怜奈



世の中をザワザワさせている“ザワニュー”のなかから気になるものをピックアップする「スピークアップ」。この日の議題は“私の美容ルール!”。美容に関してどんなことを意識しているのか、みんなに伺いました。ちなみに、れなちの美容習慣は、家に帰ったらなるべく顔の表面に髪の毛が付かないようにすることだそう。

リスナーからは、「洗顔時、必ず洗顔料をネットで泡立ててから洗う。肌荒れやニキビがなくなった」「お風呂場から出る前に導入美容液を顔に塗る。始めて半年、カサつきがちな肌がモチモチに」「化粧ノリが悪く、ほうれい線も気になっていたが、炭酸パックで肌がプルプルに」「朝食をスムージーに変え、3ヵ月に1度ファスティング。1週間で6kg痩せて、持病の腹痛もなくなった」など結果が伴ったメッセージが多数。

一方で、「ぬるま湯で半身浴。効果はいまいちわからないけどやっている」「寝る前にコップ2杯分の水を飲む。原理はわからないが友達に言われて以来、欠かさずおこなっている」など曖昧な意見もありました。

また、「化粧水をケチらずに浴びるように使う」「発酵食品を積極的に取り入れ、腸内環境をキレイにする」といったメッセージも寄せられるなか、れなちが「これは大事!」と思わず声を上げたのは、「仕事やプライベートなどで苦しくなったら我慢せずに泣いている。泣くと気持ちがスッキリして、肌も張りが出て、なによりも表情が明るくなる」という内容。

そして、40代男性からの「化粧水、乳液、BBクリームを使っている。ただ、食べ過ぎず、飲み過ぎず、睡眠をたっぷり取り、笑顔で過ごすのが1番の美容ルールかもしれない」という意見には、れなち「素敵ですね。基本的なところから生活って整うんだなと実感しました」と感動の様子。

この日のゲストは、内科・皮膚科医の友利新さん。リスナーからの質問にいろいろ答えてくれました。「水をたくさん飲むと良いと聞くが、どれぐらい飲めばいいのか?」という問いかけには、肌の水分量を手っ取り早く上げるには水を飲むのがいいものの、「量よりも頻度が大事。気づいたら飲む。乾いたなと思ったら飲む。一気飲みでは意味がないです」と友利さん。

そして、これからの時期に気になる紫外線。「日焼け止めを塗るのは、外に出る直前でいいのか?」という質問には、「基本的には日焼け止めは塗ったらすぐに遮光できる」と返答し、「それ以上に、しっかり塗る習慣をつけるのが大事」と明言。むしろ、時間が経つと皮脂が出るなどして効果はなくなっていくと言います。

さらに、男性リスナーから「男でも今日からできるスキンケア」について尋ねられると、友利さんは美肌のためにやってはいけない3つのことを発表。それは「日焼けをしない」「乾燥させない」「摩擦刺激を起こさない」で、これは老若男女誰しもに言えることだとキッパリ。

たくさんの美容ルールを聞いたれなちは、「なるほど、と思うものがすごく多かった!」と感心しつつ、「食事や睡眠、運動など全部できるに越したことはないけど、なかなかそうはいかない。だから、最初はできることからちょっとずつでいいと思います」とコメント。一方で、「本当に悩みがある方は専門医に相談することが、より良い生活に進めるきっかけの1つになるかもしれませんね」とまとめていました。

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/