イルグルム、CX領域の新サービス「eZCX」先行版リリース 『誰でも簡単に使えるツール』でCX向上を支援

マーケティングトランスフォーメーションプラットフォームを提供するイルグルムはこのほど、ECサイトにおけるCX(顧客体験)の向上を実現する新サービス「eZCX(イージーシーエックス)」先行リリース版の提供を開始した。使いやすさを追求し、”誰でも簡単に使える”ツールによるCX向上施策の実施を支援する。先行リリース版は、同社の提供するマーケティング効果測定プラットフォーム「アドエビス」利用企業を対象に、社数と期間を限定しての提供となる。

「eZCX」は、ニーズの高まるCX領域において”誰でも簡単に使える”をコンセプトにしたEC特化型CX向上プラットフォーム。マーケティング効果測定プラットフォーム「アドエビス」に蓄積されたユーザー行動データをもとにユーザーの気持ちを解析し、適切なタイミングで適切な体験を提供する。ECに最適化されたソリューションにより、CX初心者でもすぐに効果的なCX向上施策を実施することができるとしている。先行導入企業においては、CVRが最大10%改善しており、今後の正式リリースに向けてさらなる機能改善を進めていくとしている。

今回提供を開始した「eZCX」先行リリース版は、「アドエビス」の利用企業を対象に社数と期間を限定しているが、今夏には正式版のリリースを予定。正式リリース後は、同社のECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」利用企業への展開も視野に入れ、グループ全体としての価値拡大を図る予定としている。

デジタルマーケティングは、スマートフォンやソーシャルメディアの普及など、テクノロジーにより急速に市場を拡大してきた。しかし昨今は、インターネット人口の頭打ちに加え、3rd party Cookieの規制に伴う広告手法の制限等により、新規顧客の獲得効率の低下とコストの増加に悩みを抱える企業も増えつつある。

その一方で、Webサイト流入後の顧客体験の設計についてはその重要性が増している。アイ・ティ・アールが2021年1月に発行した市場調査レポート「ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2021」によると、CXプラットフォーム市場の2019年度の売上金額は81億円で前年度比37.3%増、2020年度においても33.3%増が予想されており、市場ニーズの高さを伺い知ることができる。

イルグルムでは、2023年中期経営方針の実現に向けMXP(マーケティングトランスフォーメーション)戦略を掲げ、データの統合・分析・活用支援を通じて国内企業のマーケティングDXを推進するプラットフォームビジネスの拡大を推進している。新サービス展開の第1弾となる「eZCX」は、「アドエビス」のデータとナレッジをCX領域に拡張し、顧客体験の向上を通して企業のマーケティング活動の成果拡大を支援する。