「eBay」、トレーディングカードが売上8倍超に 国内セラーの第1四半期越境ECトレンドを公開

世界最大規模のオンライン・マーケットプレイス「eBay(イーベイ)」への出店を通じ、日本セラーの越境ECを支援するイーベイ・ジャパンは5月6日、2021年度第1四半期(1~3月)の期間に、日本セラーから出品されたアイテムの販売動向を発表した。売れ筋商品ランキングは、トップ5中4つを「ポケモン」「遊戯王」のトレーディングカードが占めた。カテゴリーランキングでもトレーディングカテゴリーは2位につけ、前年比8倍超と大きく成長した。カテゴリーランキングの1位は、女性向けのブランド品で、ハンドバッグの高単価商品が好調な売り上げをみせた。

【<画像3点>カテゴリー取引高TOP10や成長率TOP3はこちら】

1月~3月の期間は、アメリカにおいてはタックスリターン(確定申告)の時期と重なり、高額商材、高単価商品の取引が活発な中、 日本からの越境EC取引では、トレーディングカードのカテゴリーが前期に引き続き各ランキングを賑わせた。前年同期比の成長率では約8倍と驚異的な伸びを見せており、取引額も2020年第3四半期に8位で登場してから、半年で2位まで上昇、さらに売れ筋商品でもTOP5のうち4つを占めるなど急速に市場を拡大している。また、25周年となる「ポケモン(ポケットモンスター)」は「ポケモンカードゲーム」(以下:ポケモンカード)はもちろん、ぬいぐるみなど関連商品も人気を集めた。

日本からの越境EC取引における売れ筋商品ランキングは、TOP5のうち4つがトレーディングカード関連となった、2020年11月に発売された「ポケモンカード」の新商品「シャイニースターV」が前期に続き1位を獲得。2位には「リミックスバウト」が入り、ポケモンカードが1位、2位独占を果たした。どちらもリザードンなどアメリカで人気のキャラクターが収録されている点に加え、品薄により値段が高騰したこともあり売上を伸ばした。

3位には、「ポケモンカード」と同じく海外でも人気の「遊戯王カードゲーム」から、2020年12月に新発売された「PRISMATIC GOD BOX」がランクイン。カードだけでなく特製プロテクターやディスプレイケースが入った豪華仕様商品となっている。4位の「週刊少年ジャンプ」2021年5・6合併号は、人気漫画「ONE PIECE」の連載1000回記念として大ポスターの付録もついた特別号で大人気となった。

5位の「ポケモンカード」の「ピカピカ!ピカチュウ!プロモカード」は、は、BOX購入者が入手できるプロモカードのひとつ。このような日本限定品も米国のコレクターの間では人気が高く、今期「eBay」全体で最も高額で落札された「ポケモンカード」(1998年日本語版ポケモンイラストレーターカード)は、落札価格が37万5000USドル(約4千万円)だった。

カテゴリーランキングの取引額トップ10は、1位から順に「レディースアパレル&バッグ、ブランド小物」「トレーディングカード」「アニメアート&キャラクターグッズ」「時計、パーツ&アクセサリー」「フィルムカメラ」「カメラレンズ、フィルター」「ビデオゲーム(本体)」「メンズアパレル&バッグ、ブランド小物」「ギター、ベース」「オートパーツ(車関連)」がランクインした。

タックスリターンや、アメリカの給付金等の効果により高級商材マーケットが大きく伸び、女性向けのブランド品が前期に続き1位となった。中でもハンドバッグの高単価商品が好調で、販売単価も上昇している。トレーディングカードは2020年第3四半期に8位で登場してから、半年で2位まで上昇と大躍進した。購買需要の増加に伴いセラーの関心が高まることで、出品数も大きく伸びるという好循環を生んでいる。

取引額トップ10のうち、前年同期比で大きく成長したカテゴリートップ3は、「トレーディングカード」「アニメアート&キャラクターグッズ」「時計、パーツ&アクセサリー」で、ランクインした3つのカテゴリー全てが前年同期比で2倍の以上の伸びを見せた。

特に「トレーディングカード」は、前年比833%と急速に成長。カテゴリーを牽引している「ポケモンカード」は、新発売されるボックスの売上だけではなく、リザードン、ピカチュウのような人気キャラクターや、プロモーションカードなどのシングルカードに加え、1000ドルを超えるような高値で取引されたポケモンカードも多数現れた。

2位の「アニメアート&キャラクターグッズ」でも「ポケモン」は人気を集めており、ぬいぐるみが多く販売された。そのほか、一番くじなどの日本でしか買えないフィギュア類の売上も伸びており、中でも「ドラゴンボール」「ONE PIECE」が人気となっている。3位の「時計、パーツ&アクセサリー」は、高級時計を対象に2020年11月から始まった「真贋保証サービス」の浸透や、米国でのキャンペーン等の効果に加え、タックスリターン時期により高級商材へ関心が高まったこともあり、売上を伸ばした。

2020年から続く、コロナ禍での消費行動の変化により、2021年に入ってからも海外の越境EC利用者は引き続き増加している。3月は米国のタックスリターン(確定申告による還付金)に加え、給付金や円安など外部要因もあり、前述の高級商材を中心に大きく売上が伸びたとしている。世界中で新型コロナウイルス変異株の感染が拡大していることもあり、今後も巣ごもり需要は継続する見込みとし、人気の高い日本のフィギュア類やぬいぐるみなど観賞用や、家で遊べるようなグッズのほか、日本の漫画やビデオゲームの需要もさらに伸びるだろうとの見解を示した。

また、母の日や父の日に向けたプレゼント需要が活発になり、ハイブランド品や、スポーツ用品などの取引が増えると予測。その他、DIY需要も引き続き活発なため、工具や自動車パーツの需要やソーシャルディスタンスが取れるスポーツ用品が人気としている。特に全米オープンゴルフが6月に行われる予定であることや、4月のマスターズで松山英樹選手が日本人選手として初優勝した影響をうけ、ゴルフ商材の販売数にも注目しているという。

成長著しいトレーディングカードは、最も人気の「ポケモンカード」の新作が目白押しであり、さらに売上が伸びると予測。特に5月末に発売される「イーブイヒーローズ ボックス」に人気が集まりそうだとしている。2021年は「ポケモン」25周年記念の年であり、カードや関連商品について「eBay」全体の需要も上がると予測している。「ポケモンカード」「遊戯王カード」を購入するバイヤーは投資目的の人やコレクターが多いため、今後も高額なカードが多く取引される可能性が高いとしている。

真贋保証サービスは、現在の高級時計に加えて、中古ブランドバッグ&アクセサリーなどのファッションアイテムのカテゴリーにも拡大を予定しており、それを受けて同カテゴリーが活性化されることも見込んでいるとしている。


イーベイ・ジャパン
https://www.ebay.co.jp/