さとうコタロー(川原瑛都)

関ジャニ∞の横山裕が初主演を務めるドラマ『コタローは1人暮らし』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)の第3話が、5月8日に放送される。

本作は、累計部数100万部突破の人気同名コミック(津村マミ/小学館)を映像化したハートフル・コメディ。子連れ入居禁止のアパートで自堕落な日々を送る売れない漫画家・狩野進(横山)の隣の部屋に、何やら訳ありな1人暮らしの5歳児・さとうコタロー(川原瑛都)が引っ越してくる。大人びた言動の裏に隠されたコタローの過去が少しずつ明らかになると共に、風変りなアパートの住人たちとの交流が描かれる。

前回放送された第2話では、狩野はじめアパートの面々に対して「ぶっきらぼうな狩野の優しさに泣けてくる」「コタローくんかわいい」「みんな優しくてほっこり」とインターネット上にコメントが。また、コタローが通う幼稚園の新任教諭・花輪景介(西畑大吾・なにわ男子/関西ジャニーズJr.)の登場に「花輪先生可愛すぎ」「癒やされた」との声が寄せられた。

<第3話あらすじ>
無事にひとりで“幼稚園の清水”に入園したコタロー(川原)。売れない漫画家で時間に余裕のある狩野進(横山)が送り迎えを担当し、実は料理の得意な秋友美月(山本舞香)がお弁当作りをするなど、“アパートの清水”の住人たちは、自然とコタローをサポートするようになっていた。

そんなある日、狩野はコタローに、出版社の編集担当・福野一平(大倉孝二)から原稿にダメ出しされるかもしれない……と、思わず弱音を吐いてしまう――。いつになく弱気な狩野が、いざ福野の後輩の編集担当・矢野(戸塚純貴)に原稿を見せようとしたその時、インターホンが鳴り、コタローがやって来る。

「わらわも同席しよう」――慌てる狩野を横目にじっとダメ出しに耳を傾ける、まるで保護者のようなコタローの姿を見た矢野は……。そんな中、コタローは狩野が席を外した隙に、矢野にあるお願いをする。

さらに、お弁当を作ってくれた美月に恩返しをしたいと考えたコタローは、休日に美月と狩野を誘って公園でピクニックをすることに。楽しい時間を過ごした記念に写真を撮りたいという美月にコタローは……!?
 
その後、3人が公園からアパートに戻って来ると、部屋の前で緊張した面持ちの弁護士・小林綾乃(百田夏菜子)が待ち構えていた。すれ違い続きで生活費を渡せていなかった綾乃は、何としてでもコタローに会わなければ! と、休日を返上してアパートにやって来たのだ。あいさつしようとする綾乃をスルーし、黙って部屋に入ってしまったコタローだが、再びドアが開いて……?