4WDじゃなきゃスバルじゃない? インプレッサ初のSTIスポーツ、FFモデルに乗ってみたら

2020年10月の改良でインプレッサ スポーツに追加された最上級グレード「STIスポーツ」。STIのチューニングにより快適な乗り心地とスポーティな走りを高次元で両立。さらに「STIスポーツ」シリーズ初のFFモデルをラインアップするのもトピックだ。今回は日常・非日常シーンで軽快な走りを楽しめるFFモデルを改めて確かめた。


エントリーSTIと侮るなかれ

STIスポーツは先代レヴォーグで登場以来、スバルの新しい最上級グレードとしてファンにはすっかりおなじみだ。スバル車を知り尽くした“ワークス”のSTIが手がけた、シンプルながら勘どころを押さえたシャシーチューンに、機能と質感を高めた内外装。ベース車と同じ量産ラインの生産で、コンプリートカーよりグッと手ごろな価格も見逃せない。

昨年10月、インプレッサ スポーツにお目見えしたSTIスポーツは、その魅力をいっそう幅広いユーザー層に訴求する、言わばエントリーSTIの位置づけだ。

【画像】インプレッサSTIスポーツを写真で見る

同時に行われた一部改良で、スポーツを名乗る5ドアは2Lのエンジン体系が少しだけ複雑になっている。AWD車はマイルドハイブリッド(HV)が主力になったが、STIスポーツは従来の2.0i-Sアイサイトと同じくNAを搭載。一方、FF車はNAのみでHVは設定していない。そして、FFにもSTIスポーツをラインアップ。FRは初代BRZで登場しているが、FFではインプレッサが初めてになる。シャシーには、フロントサスペンションにショーワのSFRD(周波数応答型ダンパー)を装備。STIスポーツ初の採用だ。

ただし、リヤダンパーも合わせてチューンしているものの、専用アイテムはこれだけ。コンプリートカーより点数を抑えた先代レヴォーグやWRX S4でも、フロントにビルシュタイン製ダンプマチックⅡと専用スプリングを採用。ステアリングはクランプスティフナーで剛性を高めていたから、メニューを見るだけではもの足りなさを覚える人もいるかもしれない。

しかし、インプレッサSTIスポーツのシャシーは、トータルバランスで少なくとも先代レヴォーグを明らかにしのいでいるのだ。

とにかく乗り心地が抜群にいい。タイヤは2.0i-Sアイサイトと同じく225/40R18のヨコハマ アドバンスポーツ。だが、低扁平の硬さはまるで感じさせない。舗装の荒れた路面でも、室内に伝わる突き上げはじつにマイルドだ。この上質さはクラストップレベルと言っていい。

サスペンションはばね下がとてもよく動き、優れた路面追従性を発揮する。そのヒミツがSFRDだ。

路面から伝わる振動の周波数に応じて減衰力を自動調整する、電子制御に頼らないメカニカルな可変ダンパー。縮み側でストロークに依存しない減衰力を発揮するとともに、STIが特に強調するのは伸び側のしなやかさだ。

実際、ターンインの初期操舵からフロント全体が吸いつくような接地感は、内輪も伸びやかなストロークで路面を捉え続ける懐の深いクルマに共通のフィーリング。旋回時にイン側をしっかり接地させるSTIの理念に合っている。

ステアリングの小気味よくスッキリとした操舵感、タフなロール剛性と滑らかな乗り心地を両立したしなやかそのものの足まわりは、STI自慢のパフォーマンスパーツ「フレキシブルシリーズ」を装着したSTIコンプリートカーをもほうふつさせるのだ。


気負わずに走りを楽しめる

そして、このSTIチューンの伏線となったのが、2019年10月に行われたインプレッサのマイナーチェンジだ。

前期型の2.0i-Sアイサイトはアドバンスポーツの強力なグリップ力ばかりが目立ったが、スバルグローバルプラットフォーム(SGP)のポテンシャルを引き出すべくサスペンションを改良。4輪をフレキシブルに接地させ、旋回姿勢のリニアリティが一体感につながるしなやかさを身につけた。

チューニングは料理にも例えられる。素材がよければほんのわずかな調味料で旨みを引き出せるように、SGPを核とした基本性能の向上があったからこそ、ダンパーチューンだけでここまでのシャシーに仕上げることができたのだ。

筆者がステアリングを握ったのはFFだが、こうした美点はAEDと変わりないはず。雪道などでAWDの走破性が不可欠というのでなければ、22万円の価格差以外にもFFにはFFのよさがある。

車重はAWDより50kg軽量。だいたい大人1人分に当たる軽さは、走る・曲がる・止まるの基本性能、それから燃費において有利に働く。

とはいえユーザーのなかには、「スバルはやっぱりAWDじゃなきゃ」という声も根強いらしい。

スバルはWRCにおけるレガシィやインプレッサWRXの活躍でファンを拡大。FFがイメージと結びつかないのも無理はない。ただ、スバリストには釈迦に説法だが、スバルの歴史をひもとけば、水平対向エンジンはもともとFF採用のために開発されたのだ。

ドライの舗装路で両車の違いをもっとも感じとれるのは、やはりワインディングだろう。

FFはフロントの動きが軽く、コーナーのターンインではクイックに向きを変える。2.0i-SアイサイトでAWDとFFの両方に乗った印象を合わせれば、ハンドリングは回頭性の鋭い切れ味がFFの真骨頂だ。

一方、アクセルオンで立ち上がるターンアウトでは、トレース性でレールに乗ったようなAWDのほうが上まわるに違いない。どちらがいい悪いではなく、それぞれに持ち味がある。

ただ、全域で振動なく吹き上がる2Lボクサーの動力性能は、FFでも十分に引き出せる。ハイグリップタイヤと相まって、駆動力のロスはほとんど感じられない。公道で走りを楽しむかぎり、大半のシーンで存在感を発揮するのはAWDの安定感よりFFの軽快さではないだろうか。

価格はFF、AWDともに、これも2.0i-Sアイサイトの22万円高。STIチューンのSFRDによって実現したクラストップレベルの上質でスポーティな走り、それを内外装の雰囲気でも演出する専用装備を考えれば、リーズナブルな設定だ。STIのアンダースポイラーでエアロチューンする楽しみも残されている。

見極めたツボにを打ち、全身のバランスを整えるようなSTIチューン。インプレッサSTIスポーツはその神髄を気負わず堪能できる、エントリーモデルにふさわしい出来栄えだ。スバリストでなくても実力を知っておく価値は十二分にある。

■STIスポーツ(FF・7速CVT)主要諸元 【寸法mm・重量kg】全長×全幅×全高:4475×1775×1480 ホイールベース:2670 トレッド:前1540/後1545 車両重量:1350 【エンジン・性能】型式:FB20 種類:水平対向4DOHC ボア×ストローク:84.0mm×90.0mm 総排気量:1995㏄ 最高出力:113kW(154ps)/6000rpm 最大トルク:196Nm(20.0kgm)/4000rpm 使用燃料・タンク容量:レギュラー・50ℓ WLTCモード燃費:13.0km/L 最小回転半径:5.3m 乗車定員:5人 【諸装置】サスペンション:前ストラット/後ダブルウイッシュボーン ブレーキ:前後Vディスク タイヤ:前後225/40R18 【メーカー希望小売価格】270万6000円

〈文=戸田治宏〉