5万台超えの受注! 「予約者全員分のパオを造る」ことを約束|1989年式 日産 パオ Vol.3|パイクカームーブメント

【1989年式 日産 パオ Vol.3】

Vol.2から続く

 さて、大きな期待とともに1989年にデビューしたパオの販売は、多くの応募があったにもかかわらずクルマを届けられなかったBe‐1の反省を踏まえて期間限定受注方式へ。つまり、「予約者全員分のパオを造る」ことを約束したのだ。予約受注の期間は89年1月15日から4月14日までの3カ月間に設定。日産のもくろみとしては、Be‐1を上回る1万2000台の生産計画を立てた。しかし、ふたを開ければ受注開始から2日間で8000台を、2週間で2万台を超える予約が殺到。結果的には5万1657台もの受注を集めたのだ。Be‐1に引き続きパオの生産を担当した高田工業の増産態勢だけでなく、新たな拠点での生産も行ったが、それでも納期は1年半にもおよんだ。

特徴的だったインテリアのディテールなど【写真6枚】

 パイクカー3部作中、圧倒的な販売台数で現存車両が最も多いパオ。さすがに20年以上経つだけに、ミントコンディションだけではない。しかし、適度なヤレ具合や傷みが味となって、道具感あふれるパオらしい雰囲気を醸し出している車両も多い。冒険に危険はつきもの。そんなパオを見て、デザイナーは思わずほおを緩めているかもしれない。

1989年式 日産 パオ(PK10)

SPECIFICATIONS 主要諸元

カラー アクアグレー

車台番号 PK10-0054##

走行距離 6万2386km

日産 パオ(PK10)

全長×全幅×全高(mm) 3740×1570×1475

ホイールベース(mm) 2300

トレッド前/後(mm) 1365/1355

車両重量(kg) 750

エンジン型式 MA10S型

エンジン種類 直列4気筒SOHC

総排気量(cc) 987

ボア×ストローク(mm) 68.0×68.0

圧縮比 9.5:1

最高出力(ps/rpm) 52/6000

最大トルク(kg-m/rpm) 7.6/3600

変速比 1速2.826/2速1.542/3速1.000/後退2.364

最終減速比 3.889

ステアリング ラック&ピニオン

サスペンション前 / 後 ストラット/4リンクコイル

ブレーキ前 / 後 ディスク/リーディングトレーリング

タイヤ 155SR12

発売当時価格 144.0万円