大谷翔平、6日レイズ戦で先発登板! エンゼルス指揮官が明言「彼自身も投…

 ロサンゼルス・エンゼルスが5日(日本時間6日)に行われる本拠地タンパベイ・レイズ戦で大谷翔平投手が先発登板すると、4日(同5日)に発表した。ジョー・マドン監督が明言したと伝えている。
 

 
 大谷は今季3試合に登板しており、1勝0敗で防御率は3.29。3日(同4日)のレイズ戦で先発登板する予定だったが、2日(同3日)に行われたシアトル・マリナーズ戦で「2番・DH(指名打者)」として出場した際、右肘に死球を受けて痛め、急遽先発登板を回避することになった。それでも怪我の影響が懸念された3日(同4日)のレイズ戦では、打者として9号特大2ランを放つなどの活躍を見せている。

 同メディアによると、マドン監督は大谷について「昨日、彼は調子が良かった」と語り、パフォーマンスを称賛。続けて「彼は明日投げることを本当に望んでいる」と答え、明日のレイズ戦で先発登板させることを明かした。