ミキハウスグループ代表・木村 皓一の「世界の子供に笑顔と安心を!」(第9回)

なぜ、子供服で起業したのか?

 子供たちに夢と希望をもってもらうために、質のいい子供服づくりを手掛ける――。

 こうした思いで1971年(昭和46年)に起業した木村だが、何しろ26歳での創業であり、資産ゼロからの出発。

 たった一人で始めたわけで、「女房も手伝ってくれました」とは言うものの、経営は全て実質一人で切り盛りしなければいけない。試行錯誤が続いた。

「とにかく付加価値の高いブランドを創りたい。それには高級ブティックのお客さんを持たんことには、付加価値の高い製品はできん」ということで、木村は販路開拓のための高級ブティック回りを始めた。

 そして売り込みと同時に、市場調査も徹底。

「高級ブティックで一番売れているものをいろいろ買ってきて、それを分析していった」

 で、調べた結果、どういうことが分かったのか?

「婦人服や紳士服の流れを見ていたら、ワンルックトータル、一人のデザイナーが頭の先から靴まで全部やらなあかんということが分かってきた」

 実際、子供服業界を調べてみても、手掛けるものは専業化していて、トータルコーディネートができていなかった。

「ブラウス屋はブラウスしかつくっていない。ズボン屋はズボンしかつくっていない。靴屋さんは靴だけだし、帽子屋さんは帽子だけ。かわいい帽子でしょと勝手につくっている。トータルコーディネートは何も考えていない」

 トータルコーディネート。頭の先から靴までトータルに商品を提案していこうと木村は考えたのである。

 折しも木村が創業した1971年(昭和46年)には、若い世代向けの女性誌『an・an(アンアン)』が平凡出版(当時、現マガジンハウス社)から、また、ライバル誌の『non- no(ノンノ)』が集英社から発刊され、人気を博していた。

「両誌とも、わたしが創業する前後の創刊でしたね。その雑誌を見ると、新しいファッションの流れがトータルコーディネートという考えで載っていました。そやから、子供服もトータルコーディネートやなと」

 この頃、男性ファッションにも変革の波が起きていた。『VAN』の創業者で、ファッションデザイナーの石津謙介(1911‐2005)は、1960年代に”アイビールック”で売り出していた。3つボタンのブレザーに、コットンパンツ、革靴のローファーでまとめるといったスタイルが若者に定着していった。

 人の生活の基本は衣・食・住にある。”衣”に対する国民の認識も、高度経済成長によって、だいぶ変わってきていた。 

 時代の転換期にあって、木村は消費者心理を的確に捉え、高級子供服に的を絞り、トータルコーディネートで勝負していこうと心に決めたのである。

 それにしても、なぜ、婦人服や紳士服ではなく、子供服分野への参入を決めたのか?

「金がないもん(笑)。金なしでできるんは子供服。生地をちょっと買うてきて、サンプルが縫えるんやから」



26歳で起業した理由

 日本も豊かになり、消費者の間にも、質のいいものを求める機運が高まろうとしていた。

 若者の間にも、新しい文化を追い求める気持ちが強くなりつつあった。東京・銀座に『マクドナルド』1号店が開いたのもこの年である。銀座の中央通りには、”歩行者天国”が取り入れられ、道路は車優先ではなく、人が優先するといった考え方が浸透し始めていた。

 生き方・働き方が大きく変わろうとしている時に、『ミキハウス』を誕生させた木村。

 未来を引っ張る子供に託する木村の思いは強い。創業から50年が経った今も、その思いは変わらない。

 木村は『子どもたちの笑顔が大きく花ひらくように』と題して、次のようなメッセージを今、世界の子供たちに贈る。

「子ども時代にこそ、たくさんの世界と出会い、本物の感動を経験してほしい。

キラキラとした目でまっすぐに未来を見つめて力強くしなやかに歩んでほしい。

夢を持つことの素晴らしさと、夢に向かう努力の尊さに気付いてほしい。」

 質のいい子供服・ベビー服をつくって、子供たちの健やかな成長に貢献したいという思いが、今日の『ミキハウス』を築きあげてきたのである。


(「財界」5月12日号より 敬称略)