ENJOY JAPAN、月額5万円で市場分析も 中国進出を総合サポート

中国向けプロモーションやマーケティングで日本企業を支援するENJOY JAPANは、プロモーションだけでなく、コンサルティングから、営業代行、販路開拓、SNS開設・運用代行まで、中国進出を一貫支援できる。越境ECサイトの出店支援や運営代行、現地での物流・マーケティング支援なども行える。2月には、ミニマムコスト月額5万円で利用できる、中国のEC・SNSの分析サービス「ミーエル」をリリースした。

「ミーエル」の分析対象は、中国モールや越境ECサイト。調べたい商品の名前で検索するだけで、商品の価格・販売チャネル・売れ行きなどを一覧で表示できる。売れ行きは日ごとに確認できるため、細やかな分析が可能だという。


「ミーエル」の管理画面 KOLの効果を分析できる

「ミーエル」の初期費用は無料。月額料金のみ発生する。ミニマムプランは月額5万円。管理画面は日本語だが、中国での商品名や言い回しなどについて説明を受けたい場合や、データの分析結果を基にした詳細なコンサティングを必要とする場合には、特別プランも用意している。特別プランは、月額10万円と同30万円の2種類がある。

同サービスを利用すれば、市場調査に必要となる膨大なコストを抑え、商品の販促などに注力できるということで、問い合わせが相次いでいるという。

「当社は、現地の状況に精通している、中国・上海のグループ会社とも連携しながら、中国越境EC進出支援を10年以上にわたって行ってきた。長年培ってきた当社のノウハウを生かして支援を行う」(目代有史郎取締役)と話している。


<特集>「ECソリューションマップ2021【越境EC編】」
https://netkeizai.com/articles/detail/3639