サビがバサッと落ちてくるようなボディから、自分の手で隅々までレストア。個性的な仕上げ方が自慢|S54A|1966年式 プリンス スカイライン 2000 GT-A |S54スカイラインと新たな仲間たち

2013年、初秋のある日、西日本でS54スカイラインのオーナーたちが集まるという情報が入ってきた。そして、取材がきっかけとなり、オーナーズクラブ設立にまで話が進展したという。その名も「プリンスS54クラブ西日本」。プリンス車への愛情あふれるオーナー達を紹介。
【03】1966年式 プリンス スカイライン 2000 GT-A 追加メーターが配されたコックピットなど【写真7枚】



オーナー/畑林隆宏さん

 きれいに仕上げられた現在の姿からは想像できないが、20年前に畑林隆宏さんが購入した当時は、ドアをバタンと閉めただけで、サビがバサッと落ちてくるようなボディの状態だったとか。このS54Aは畑林さんが自分でレストアした。「塗装はプロに任せましたが、ボディパネルは自分で作って溶接したり、エンジンもヘッドを開けてバルブステムシールの交換を行いました」と、隅々まで手をかけている。お気に入りはRSワタナベのホイール、RS8Ⅱを装着しているところ。5穴から4穴への変換スペーサーを作り、さらにリアブレーキドラムには、ダミーのディスクローターも仕込んでいる。まさにいじることを楽しむスタイルなのだ。

>>> 6台のオーナー車、プリンススカイラインの紹介は続く(3/6台目)