プロテイン「VALX」のレバレッジ、ホストのローランドとのコラボブランド始動 発売から2日間で2万袋販売

プロテインブランド「VALX(バルクス)」を展開するレバレッジは4月28日、ホストで実業家のROLAND(ローランド)とコラボしたプロテインのブランド「VALX-R(バルクスアール)」を発売した。新ブランドは、「VALX」のメイン顧客層だったトレーニング愛好家から、よりライトな筋トレファンをターゲットとしたブランドだ。発売から2日間で2万袋を販売したという。レバレッジでは、5月の連休期間中にさらに1万袋が売れると見込んでいる。

「VALX-R」は、筋トレ愛好家のROLANDがこだわって開発したプロテイン。毎日おいしく飲めるよう、「プレミアムストロベリーあまおう風味」「キャラメルバター&ソルト風味」「ロイヤルカシス&オレンジ風味」の3つのフレーバーを用意している。「VALX」ブランドの監修者である有名トレーナーの山本義徳氏が監修しており、たんぱく質含有量は78.6%(無水物換算値)となっている。1食当たり22gのたんぱく質を摂取できるとしている。

ROLANDのユーチューブチャンネルでは、山本氏と、「VALX-R」の開発秘話についても明かしている。

レバレッジは、「VALX」ブランドを2019年10月に立ち上げた。山本氏が監修したプロテインとして、数多くのトレーナーがユーチューブやSNSで発信した結果、口コミで人気が拡散。「VALX」ブランドは、累計50万袋を販売したという。レバレッジの2021年3月期の売上高は、前期比400%となったとしている。