AとBの違いも知らなくて購入。自分好みのモディファイで楽しむ|S54B-2型|1966年式 プリンス スカイライン 2000 GT-B |S54スカイラインと新たな仲間たち

2013年、初秋のある日、西日本でS54スカイラインのオーナーたちが集まるという情報が入ってきた。そして、取材がきっかけとなり、オーナーズクラブ設立にまで話が進展したという。その名も「プリンスS54クラブ西日本」。プリンス車への愛情あふれるオーナー達を紹介。

【02】1966年式 プリンス スカイライン 2000 GT-B RSワタナベの14インチを履きこなした後ろ姿など【写真7枚】



オーナー/難波俊彦さん

 今年で所有29年になるという、難波俊彦さんのS54B-2型。古いクルマが好きな友人たちと付き合うようになり、当時乗っていた510ブルーバード4ドア1800 SSSに追い金を添えて、このS54B-2型を手に入れたという。「その頃はAとBの違いも知らなくて買いました」と、まるで笑い話のようなエピソードも披露してくれた。「こんなに長く乗ることになるとは、思ってもいなかった」というが、オリジナルをベースに、自分好みのモディファイも盛り込んでいる。シートはダットサンバケットに変更。ホイールはRSワタナベの14インチに、ショックアブソーバーはカヤバの8段切り替え式に変更した。S54Bの個性を伸ばして楽しんでいる。

>>> 6台のオーナー車、プリンススカイラインの紹介は続く(2/6台目)